sub_001.jpg


2008年09月16日

現在のエロゲー専門誌の先駆けってば『アソコン』ですよ

PC-98エロゲー全盛期だった1993年〜1996年に毎月10誌くらい発売されていたエロゲー専門誌。
現在でも毎月たくさんのエロゲー専門誌が発売されていますが、これらのエロゲー専門誌の先駆けと言えば何になるのでしょうか?

現役で発刊されている、業界初の月刊エロゲー専門誌『パソコンパラダイス』?
それとも、当時【美少女ゲーム】の用語を登録商標として持っていた徳間書店の『テクノポリス』?


否・否・否、どちらも不正解なのです!!


「じゃあ一体、何がエロゲー専門誌の先駆けにあたるのさ?」って言われれば、やはりコレをおいて他ないでしょう。

asocom_1.jpg

アダルト・パソコン・ゲーム、略して『アソコン』です。

「知らねぇ・・・」って思ってる現役エロゲーマーな人に簡単に説明すると、1985年1月10日に辰巳出版から発刊され、当時はまだ人気もなく数える程しか発売されていなかったエロゲーのみの記事で形成された画期的なパソコンゲーム雑誌なのです。
テクノポリスが初めてエロゲーの特集記事を載せたのが1985年6月号だった事からも、如何にアソコンがエロゲーに目を向けるのが早かったかが分かると思います。
1985年の1月って言えば、JASTの『天使たちの午後』すら発売されてませんからね。

そんなエロゲー専門誌の先駆けとも言えるアソコン創刊号で紹介されたエロゲーは、PSKの『ALICE』、dB SOFTの『ドンファン』、光栄の『団地妻の誘惑』、ENIXの『ロリータシンドローム』、日本ファルコムの『女子大生プライベート』などなど、計23作品。

alice_t.gif donjuan_t.gif lolita_syndrome_t.gif

それに加えて、巻末袋とじではCOSMIC SOFTの『聖子ちゃん パートU』のプログラムリストが掲載されていました。
それで定価が600円ですよ。素敵プライスですね。

創刊号から5ヶ月後の1985年6月5日に発売されたアソコン2号では、主に一般向けアドベンチャーゲームが紹介され、月に0〜3本しか発売されていなかったエロゲーは少々ネタ切れ気味に。
しかし、それから3ヶ月後の1985年9月5日に発売されたアソコン3号からは、毎号巻末袋とじでロリゲー特集や実写取り込みの裏ソフトなど、アングラな部分を掘り下げる記事を掲載し、アソコンらしい部分を披露していました。

asocom_3.jpg pascal.jpg

アソコン3号の巻末袋とじでは、作者不明のPC-8001エロゲー『パスカル』が全CG掲載で紹介され、色々と読者に『パスカル』の情報提供を呼びかけていましたが、結局作者など主だった部分は分からず仕舞いだったっぽいですね。
裏ソフトに強い(?)Warp別冊のアダルトソフト大全集でも、『パスカル』の記事は作者不明のままでしたし。
ちなみに『パスカル』がどんな感じのゲームかを知りたい人は、みぐぞうさんのブログで丁寧に紹介されていますので、ソチラをご覧下さい。

そんなこんなで、エロゲーLOVEなスタンスを保ちながらアソコンは1988年1月10日に発売された第14号を以て休刊。
その後1988年3月25日に『アソコンすうぱぁスペシャル』としてアソコンの創刊号を彷彿させる完全なエロゲー誌と化した『美少女ゲーム最前線』に生まれ変わります。

saizensen_1.jpg

コレまたチャンピオンソフトの『慶子ちゃんの秘密』のプログラムリスト付きで780円と、またまた素敵プライスアゲイン。
ちなみに『美少女最前線』というタイトルは、アソコン7号以降の巻末袋とじに付いていたタイトルなのです。早い話が「アソコンの巻末袋とじが超ページ増で発売!!」って感じですかね?

そしてエロゲーもPC-88からPC-98の時代へ移って行くにつれ、1990年に大陸書房の『美少女ソフト大研究』が、1991年にメディアックスの『パソコンパラダイス』が・・・・ってな具合に多数のエロゲー誌が誕生し、その膨大なエロゲー専門誌の競争に敗れてしまったのか、美少女最前線も1993年に発売された第12号を以て休刊するのでした。
アソコン創刊〜美少女最前線休刊までの9年間、まさにアソコンはHな方向へベクトルを傾け「最前線」を突き進むパソコン誌だった訳ですね。

そんな「最前線」を突き進んだアソコンも、今では古本屋などで捨て値で売られたりしています。見掛けたら購入or立ち読みしてみるのも良いんじゃないでしょうか?
「今さらお金を払ってまで読む価値あるの?」と問われれば難しい所ですが、当時のアドベンチャーゲームの裏技やムチャなエロゲーの画像を見るのも中々に乙なものですよ。

それを、イイネ!と思うかイラネ!と思うか、どう感じるかはアナタ次第ッ!!!(結局人任せ)



いつもの如く、またまた話は変わっちゃうのですが、ちょっと前にサイドに作った『80s ANIME OP SHOW !!!』の数を、13作品から100作品まで増やしました。
ランダムで『オレ的80年代アニメのオープニングBEST100』から1つが選ばれます。
数が多くなり過ぎていくらか名曲がスッ飛んでるかもしれないけど、まぁ、ソレはソレですよ。
懐かしさも含めてBGMとしてでも聴いてみて下さい。でも、F5連打は勘弁・・・・
つーか、YOUTUBEにイタリア版ムテキングのOPは大量にあるのに、日本版ムテキングのOPが無かったのが意外でしたね。
聴いた事あります? イタリア版ムテキング。
正直、何が何やらって感じですよw



2008年09月05日

ブログの雰囲気 わず ちぇんじど !!

いつの間にかアクセスが500000HIT超え。
ブログを始めたばかりの1年くらい前には考えられないアクセス数ですよ。
始めて4ヵ月間くらいなんて、1日に20HITもしなかったですし・・・・
ホント、色々とありがたい事です。

ただ最近はブログの更新頻度が月1ペースと、始めた頃より大幅に減ってしまってるので、「心機一転」ってな感じでヤル気を出す為にもタイトルの絵などを作り直してみました。
別にドン・チャックに飽きちゃった訳じゃないですよ?w

ちなみに、トップ絵はポーランドのサイコビリーバンド『ROBOTIX』の1stLPの裏ジャケが元ネタで、
『RETRO GAME ATTACK over JAPAN!』は、80年代のサイコビリーVAの名盤『PSYCHO ATTACK over EUROPE!』をモジったモノです。
2つともネタが分かった人は、なかなか通かも?

それともう一つ、サイドに『CRAZYBILLY's TV !!!』と『80's ANIME OP SHOW !!!』というコーナーを作ってみました。

『CRAZYBILLY's TV !!!』はネオロカ・サイコ・ラスティックなどなど、個人的に好きなバンドの映像をランダムで表示し、『80's ANIME OP SHOW !!!』は80年代アニメのオープニングをランダムで表示します。
(もちろんJAVA切ってるとダメですよ)

今のところ、どちらも13個の中からランダムで選択させてますが、また増やしたり入れ替えたりしますので、BGM変わりとしてでも聴いてみて下さい。
あ、でも、F5連打とかは止めて下さいねw

さて、何かブログのネタ探しでもするかな。
粉骨砕身完遂を期すんじゃぜ? The グッバイ!!
posted by hisabilly at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ごちゃまぜ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

メガストアのクロスレビューで殿堂入りを逃したが、現在でも人気のあるPC-98エロゲーの有名ソフト達

前回に引き続き(もう一か月も経ったけど)、今回はメガストアのクロスレビューで殿堂入りこそ逃したものの、今現在でも人気の高いPC-98エロゲー14作品を獲得点数と共に紹介します。

ホントならもっと紹介する作品があったんだけど、あまりにも数が膨れ上がってしまったので、同メーカー作品は一つまでとしました。
佳作の多いシーズウェアやPILが多くなり過ぎたんですよw

それと、隠れた名作と言われている『メッセンジャーフロムダークナイト』などの作品も、知ってる人が少なそうなので今回は除外しました。

前回は獲得点数順に並べましたが、今回は獲得点数とは関係なく発売順に並べてます。
それと、またオレの一言が添えられていますが、今回は正直長いので読む価値はなさそうですw

それでは、ど〜ぞッ!!



amb_000_s.gif

amb_001.gif amb_002.gif amb_003.gif

作品名AMBIVALENZ 〜二律背反〜
メーカーアリスソフト
ジャンルアドベンチャー
発売日1994年4月28日
獲得点数6・8・7・7 
オレ's 一言
 アリスソフト初(だったかな?)のシリアスなアドベンチャーゲーム。
 シリアス路線でもギャグ路線でも出来の良いモノを作れるアリスソフトは、やっぱスゴイですよね〜
 でも、個人的にアリスソフトのシリアスなアドベンチャーは、必要以上に格好つけ過ぎで好きじゃなかったりw



sh_000_s.gif

sh_001.gif sh_002.gif sh_003.gif

作品名スチームハーツ
メーカー戯画
ジャンルシューティング
発売日1994年3月11日
獲得点数4・5・5・6 
オレ's 一言
 後にPCエンジンやセガサターンにも移植された、PC-98エロゲーには珍しいシューティングゲーム。
 両性具有の主人公ってのも珍しいですね。
 当時から戯画のエロゲーは一筋縄には往きません。
 後、戯画のエロゲーは精液の多さも一筋縄には往きません、流石です。
 獲得点数の少なさは「キーボードでプレイし辛いから」との事。厳しいなぁ。



l7_000_s.gif

l7_001.gif l7_002.gif l7_003.gif

作品名リビドー7
メーカーLIBIDO
ジャンルアドベンチャー
発売日1994年6月3日
獲得点数5・7・6・8 
オレ's 一言
 LIBIDOの名を一気に知らしめた紙芝居エロゲー。もちろんゲーム性は皆無。
 Hのみを前面に押し出した作品だった事もありメチャ売れたらしく、続編の『リビドー7 IMPACT』ではスカトロ要素大幅パワーアップで発売。賛否の分かれる作品でした。
 ちなみに、当時とある雑誌で「このゲームが売れる様ならエロゲー業界に未来はない!」と言う記事を見たのですが、現在のエロゲーの発売タイトル数をみる限り、どうやら予測は外れてしまったみたいですね。
 つーか、ジャンルの幅を狭める様な意見って良くないよね。



nono_000_s.gif

nono_001.gif nono_002.gif nono_003.gif

作品名野々村病院の人々
メーカーSilky's
ジャンルアドベンチャー
発売日1994年6月30日
獲得点数7・8・8・7 
オレ's 一言
 シリアスでもありコミカルでもある、Silky'sらしいマルチエンディング形式のアドベンチャーゲーム。
 PC-98からセガサターンへ移植された、数少ないX指定ゲームだったりします。
 PC-98版の評判が良かった事もあり、サターン版はかなりの本数を販売したらしく、PCを持っていなかった友人も発売日に買ってました。
 みんなX指定という甘美な罠に殺られてしまった訳ですなw
 まぁ、実際かなり面白いんで失敗って事はないでしょうけどね。



lc_000_s.gif

lc_001.gif lc_002.gif lc_003.gif

作品名ロマンスは剣の輝き
メーカーフェアリーテール
ジャンルシミュレーションロールプレイング
発売日1995年6月23日
獲得点数6・8・7・9 
オレ's 一言
 ストーリーは良い感じだけど、時間のかかる戦闘やランダム過ぎるダメージ値など、面倒になる点もチラホラ。でもゲーム自体は結構簡単なのでサクサク進めます。
 確か敵とのレベルの差が広かったら自動的にKILLしてくれてた様な・・・・
 うーん、プレイしたのがもう10年以上も前だから記憶が曖昧だw
 後にWin95版で続編が発売されましたが、何を血迷ったか18禁じゃなかったんですよね。
 結局人気の程は・・・・・まぁ、推して知るべしってヤツですw



ryouki_000_s.gif

ryouki_001.gif ryouki_002.gif ryouki_003.gif

作品名猟奇の檻
メーカーPLANTECH
ジャンルアドベンチャー
発売日1995年8月25日
獲得点数6・6・6・7 
オレ's 一言
 主人公の勤務先の零式百貨店内で起こる行方不明事件を捜査していくアドベンチャーゲーム。
 2004年に『真説 猟奇の檻』というタイトルでリメイクされました。
 殿堂入りした『猟奇の檻 第2章』と比べると、難易度がメチャ高く、それ故に解体バッドエンドを何度も見たって人も多いんじゃないかな?
 それでは、支店から本店への異例と言える転勤を果たしたポルナレフさんに事件の調査結果を聞いてみましょう。


         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれはデパートの事件を究明していると
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったらいつのまにか肉売り場に並んでいた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ 

 何か、肉売り場って怖いよね・・・・



isaku_000_s.gif

isaku_001.gif isaku_002.gif isaku_003.gif

作品名遺作
メーカーelf
ジャンルアドベンチャー
発売日1995年8月25日
獲得点数7・8・8・7 
オレ's 一言
 『○作』シリーズの一作目。
 絶妙な謎解き、恐怖を煽る音楽、クラスメイトが一人消えていく度に覚える焦燥感、どれを取っても名作と呼ぶに相応しいエロゲーです。
 殿堂入りしなかったのが不思議なくらい。
 全員が遺作の餌食となり、命からがら旧校舎を脱出した時のクラスメイトの絶望に満ちた表情は一見の価値ありです。
 ちなみにHAPPY ENDへ直行した場合、全然エロくありませんw



sodom_000_s.gif

sodom_001.gif sodom_002.gif sodom_003.gif

作品名学園ソドム 〜教室の牝奴隷達〜
メーカーPIL
ジャンルアドベンチャー
発売日1995年9月8日
獲得点数5・9・8・8 
オレ's 一言
 脱獄した死刑囚が、主人公が教育実習をしている女子高の一クラスを占拠し、主人公および女生徒40人を人質に取って好き放題やっちゃうと言う、今では発売出来るかどうかも怪しい名作エロゲー。
 このゲームが発売される3か月前の1995年6月21日に『全日空857便ハイジャック事件』が起こってるから、実際よく発売に踏み切れたなって思いますよね。
 そういえば当時、とあるエロゲ雑誌の【男性キャラ人気ランキング】で、灰田(死刑囚)がランスに次ぐ2位になっていました。
 いやいやいやいや、灰田はダメだろw



eve_000_s.gif

eve_001.gif eve_002.gif eve_003.gif

作品名EVE 〜burst error〜
メーカーシーズウェア
ジャンルアドベンチャー
発売日1995年11月22日
獲得点数9・7・8・5 
オレ's 一言
 今でも続編が作られている、PC-98エロゲーの名作アドベンチャー。
 まぁ、一番最初の作品の出来が良過ぎた為に、続編のほとんどが黒歴史化されてしまってるという悲惨な状態だったりするのですが。
 名作と言われてる割に獲得点数が少ないのは、『マルチサイトシステム』の面倒さがあるみたいです。
 ストーリーを隅々まで楽しめる良いシステムだと思うんですけどね。
 個人的に、このシステムの強化版が『A.D.M.S.』だと勝手に思ってたりw
 もし今からプレイしようと思ってる人は、2007年4月号のメガストアに『EVE 〜burst error〜』が収録されてるのでオススメ、安いし。
 つーか、このゲームに限らず、シーズウェアの作品には絶対に超巨乳なキャラが出てくるよね?
 『XENON』のトレイシーとか『エイミー』の瞳とか。
 う〜ん、シーズウェアって巨乳ブランドだったんだっけ?



v_v16_000_s.gif

v_v16_001.gif v_v16_002.gif v_v16_003.gif

作品名VIPER - V16
メーカーソニア
ジャンルアドベンチャー
発売日1995年12月22日
獲得点数7・5・5・6 
オレ's 一言
 当時のエロゲーアニメーション技術において他の追随を許さなかったVIPERシリーズの、『GTS』や『CTR』に並ぶ人気作。
 でも、VIPERシリーズはゲーム性が乏しいからエロゲーと言うよりもHアニメな感じ。獲得点数が低いのも、結局は絵の好みだけで好き嫌いがハッキリ分かれてしまうからなんでしょうね。
 ちなみに『V16』のRISEは大人気で、『GTB』や『GT1』と続編が作られましたが、『GT1』のバグの酷さに愛想を尽かしたユーザーがメチャ居たとか居なかったとか。
 バグもそうだけど、ソニアはソフ倫脱会とか色々大胆な事してましたね。脱会した頃、雑誌でソニアの広告を見た時はビックリしましたよ。



akumu_000_s.gif

akumu_001.gif akumu_002.gif akumu_003.gif

作品名悪夢 〜青い果実の散花〜
メーカースタジオメビウス
ジャンルアドベンチャー
発売日1996年4月26日
獲得点数8・7・7・7 
オレ's 一言
 修学旅行中だった有名美少女学校のバスをジャックし、殺害、監禁、凌辱、と非道の限りを尽くす元祖鬼畜エロゲー。
 今では学園ソドム同様発売出来るか微妙な作品です。
 もしかすると、行動の決定権が全てプレイヤーな分、悪夢の方が学園ソドムよりヤバいかも。
 当時は絵の人気もあってかなり売れたらしく、この作品以降鬼畜なエロゲーが多く発売される様になりました。
 ちなみに、Win95版では超棒読みの音声を堪能出来ますので、プレイするならWin95版がオススメですw



kizuato_000_s.gif

kizuato_001.gif kizuato_002.gif kizuato_003.gif

作品名痕 〜きずあと〜
メーカーLeaf
ジャンルビジュアルノベル
発売日1996年7月19日
獲得点数6・8・7・7 
オレ's 一言
 『雫』に続くLeafのビジュアルノベル第2弾で、説明不要の名作。
 今だから思う事なんだろうけど、「この獲得点数の低さは納得がいかない!」って思う人も多いんじゃないかな?
 当時友人がかなりハマっていて、『雫』しかプレイしてなかったオレに対し熱弁してくれたおかげ(せい?)もあってか、プレイする前からお腹いっぱいになってしまい、結局プレイせずに今に至ってたりするんですよねw
 そして、その友人が数年前に発売されたリニューアル版も購入してたので「久しぶりのプレイは面白かったかい?」と感想を聞いた所「うん、面長だったよ」との事。
 友人、それ感想やない! 人相やないか!
 つーか、それ位ならオレでもパッケージ見れば分かるさw



pia_000_s.gif

pia_004.gif pia_002.gif pia_003.gif

作品名Piaキャロットへようこそ!!
メーカーカクテルソフト
ジャンルシミュレーション
発売日1996年7月26日
獲得点数8・8・8・7 
オレ's 一言
 PC-98晩年に発売されたカクテルソフトの看板作品。
 難易度が低めで、ワンプレイの時間が短く遊びやすいのが魅力的。育成シミュレーションなのに、別にムリに鍛えなくてもプレイ中のボーナスだけでも十分ニンジンが貯まるし。
 今でも数多くの続編が発売され、何故か麻雀にまでなってしまったみたいですが、レトロエロゲーマーなオレにはG.P.とかG.O.とか言われても全然分かんねーです・・・・・何?ガンダム?
 それより何よりオフィシャル見てビックリしたんだけど、EVEまで麻雀になってたのね。
 「事件当日のアリバイを聞きたいですって? それなら麻雀で勝負よ!!」みたいな?



rk_000_s.gif

rk_001.gif rk_002.gif rk_003.gif

作品名Rookies
メーカー海月製作所
ジャンルアドベンチャー
発売日1997年1月31日
獲得点数9・7・7・6 
オレ's 一言
 『ラブ・エスカレーター』で有名な海月製作所の名作アドベンチャー。個人的には『超』を付けたい位の名作。
 犯人の手により事件究明の道を完全に断たれ、初めて挫折というモノを味わい諦めかけた主人公。そんな時、恋人や仲間達の厳しいくも温かい言葉から「何事にも挫けなかった昔の自分」を思い出し、再び事件究明に向け奮闘するという、そんな主人公の姿に熱いモノが込み上げて来ます。
 古臭い、青臭いと言われるかもしれないけど、こういう熱いストーリーはやっぱ良いですよ。
 当然ですが、ジャンプの某野球マンガとは全然関係ありません。
 まぁ、どちらも「感動する」って部分では共通してるんだけどね。




以上、14作品でした。

『EVE』や『痕』など、思ってたよりも獲得点数が少ないエロゲーが結構あったんじゃないでしょうか?
まぁ、少ないと言ってもこれらは他のPC-98エロゲーの獲得点数と比べると、かなり高得点ではあるんですけどね。

今回紹介した作品の大半はWindowsに移植されているので、気になった人はプレイしてみるのも良い感じだと思います。
XPやVistaに対応してるかは知りませんがw

ちなみに94年6月〜97年6月までの最低獲得点数を受けた作品は、Z・KILLの『極楽麻雀』で13点でした。
基本的に麻雀の評価は低めだから仕方ないにしても、40点中13点ってのは群を抜いてますねぇ。
麻雀以外で獲得点数が低く、まだ知っている人がいそうな作品で言えば、『淫内感染』などで有名なZyXの『Hercequary』が16点でした。

こういう感じで獲得点数に幅が出来てるのを見ると、如何にエロゲーは名作と残念作が入り混じってるかってのがよく分かりますね。
今は知りませんが、当時の地雷エロゲーはホントにつまんないですから・・・・



ちょっと話は変わって、最近エンディングがエロエロな事で有名な『スーパーヅガン』のアニメ版にハマって毎日2話ずつ観てました。



声優に詳しくないオレでも「有名な人使ってるなぁ」って分かる位豪華な顔ぶれ。
麻雀に詳しくなくても楽しめるから、観た事ない人は是非是非!!

作画監督が中嶋敦子さんなので、普通なら『めぞん一刻』や『らんま1/2』などを思い浮かべるであろう所を、何故か一番最初に思い付いたモノがソニアの『あにまーじゃん』だったというオレは、恐らくゲーム脳ならぬエロゲー脳なんでしょうね。

ani_x_000_2.gif

ani_x_002_2.gif

エロゲー脳とは最高にステキさ、体がほてってしまう(キャプテン・トーマス談

ホントにおしまい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。