sub_001.jpg


2008年11月30日

超マイナー? レーザーアクティブのエロゲー大全集【LD-ROM2編】

1993年8月20日に発売され、LDやCDの視聴以外に、『PCエンジン』や『メガドライブ』、『カラオケ』を楽しむ事が可能と、優れた拡張性を持っていたにも関わらず、国内総出荷数が40万台という残念な結果に終わったハード『レーザーアクティブ』。

発売されたゲームタイトルはイマイチなモノが多かったものの、LDプレイヤーという事もありアダルトな方面には滅法強く、家庭用ゲーム機としては初めて、公認された実写エロゲーを発売したハードなのでした。
エロゲーとしては3DOよりも1年先を行く存在だった訳です。(まぁ、1年先に消えた存在でもあるのですが・・・・)

今回はそんなレーザーアクティブのエロゲーにスポットを当て、【LD-ROM2編】と【MEGA-LD編】の2部構成で紹介します。
同タイトルが二機種で発売されたモノについては【MEGA-LD編】で紹介します。
早い話が先送りって事ですw

それでは【LD-ROM2編】をどうぞッ!!



Angel Mate 〜エンジェルメイト〜

angelmate_t_s.jpg angelmate_p.jpg
■PLANET/マイルストーン音楽出版■93年10月25日発売■9800円

当時のAV女優、朝岡美嶺・小林愛美・愛本美穂の3人と対戦する脱衣ポーカー。
ポーカー対戦中は女優さんが何故か2次元キャラになってますが、モチロン似てないなんて口が裂けても言ってはいけないのです。
それと、当時のAVを全く見た事がない為、主演女優の詳細を調べていたところ、何と朝岡美嶺さんが3歳サバを読んでいたのを発覚してしまったのでしたw
ホントは昭和45年生まれなんだとか。
まぁ、凄くどうでも良いんですけどねw

asaoka_000.jpg kobayashi_000.jpg aimoto_000.jpg
asaoka_d.jpg kobayashi_d.jpg aimoto_d.jpg

脱衣ポーカーと言えど、ただポーカーで勝利するだけでは脱いでもらえず、ポーカーで獲得したコインを10枚使用し、ルーレットでハートマークを狙わなければいけないという、ちょっと手間のかかる設定。
一応、カードや虫メガネのマークに止まればポーカーを有利に進められるアイテムが手に入るのですが、ポーカー自体の難易度が低い事もあり全く不要だったりします。

angelmate_003.jpg angelmate_001.jpg angelmate_005.jpg

山本晋也監督が撮影した脱衣シーンは、並みの脱衣ゲームを圧巻する程の過激度。
家庭用ゲームで『擬似セクロス』をしてるのはエンジェルメイト位じゃないかな?
女優さん喘ぎまくってますし。

asaoka_001.jpg asaoka_002.jpg asaoka_003.jpg
kobayashi_001.jpg kobayashi_002.jpg kobayashi_003.jpg
aimoto_001.jpg aimoto_002.jpg aimoto_003.jpg

1人につき5回分の脱衣シーンがあるのですが、ルーレットのスカを考えると結構な数のコインが必要になります。
オッズルールで一気にコインを獲得するのがベストなんですが、「そんなメンドーな事してらんないよ!!」って人もいると思うので脱衣シーンだけを見る裏ワザをご紹介。

asaoka_urawaza.jpg kobayashi_urawaza.jpg aimoto_urawaza.jpg

この裏ワザを使えば、明日から君も立派な『エンジェルメイター』だっ!!



Dora Dora Paradise 〜ドラドラパラダイス〜

doradora_t_s.jpg doradora_p.jpg
■PLANET■94年3月25日発売■9800円

当時人気だったらしい、AV女優の秋乃桜子主演作品。

『本物の女』を求める主人公が、カジノで出会った鹿島麗子(秋乃桜子)を本物の女と決めつけ、麻雀のルールすら知らない彼女に麻雀勝負を挑み、デートの約束を無理矢理こじつけ、あわよくば自分のモノにしてやろうと目論む、ストーリー仕立ての脱衣麻雀。
ちょっと歪曲した荒筋ですけど、大体はこんな感じ。

麻雀自体は意外にしっかりした作りなのですが、たまに鹿島麗子が行う無茶苦茶なイカサマが場を荒らし、手牌やドラ表示牌が凄い事になったりする事も・・・・

doradora_012_s.jpg【プレイヤーの3牌ブッコ抜きの図】

おそらく、対戦相手のみイカサマ可能な麻雀は『ドラドラパラダイス』位でしょうね。
『ドラドラパラダイス』といい『エンジェルメイト』といい、他機種のゲームの斜め上を行くレーザーアクティブゲーム、惚れそうです。

それと肝心なゲームの紹介なんですが、折角なんでストーリーに沿って紹介しようと思います。


ドラドラパラダイス ストーリー


dora_000.jpg dora_001.jpg dora_002.jpg

『本物の女』を求めカジノに向かった主人公。
「女達は美しく着飾り、色香を振りまく。しかし君は惑わされず本物の女を見つけ出しつかむのだ!」
という主人公の言葉に従い、ルーレットに興じる一人の女性の元へ。

「こいつは本物だ・・・・」

どうやら、レクチャーする筈の主人公が色香に惑わされてしまったご様子。
兎にも角にも、早速『本物の女』の発見に至ったのだった。

dora_005.jpg dora_007.jpg dora_009.jpg

男は面白い事を言えなきゃダメだと言わんばかりに、
「貴方は10回中3回勝っている。じゃあ貴方の逆に張れば7割勝つことが出来る」
と渾身のジョークを飛ばす主人公。
おまつも下を向く様なジョークだけど、どうやらウケは良かったみたく、二人の距離は一気に縮まった。
そこで主人公はとっておきの麻雀蘊蓄を披露し、彼女をカジノのVIPルームに誘い、
「私が勝ったら、今度、お暇な時にデートしてもらう、というのでは?」
と、麻雀を知らない彼女にムチャな勝負を挑むのだった。

dora_010.jpg dora_011.jpg dora_012.jpg

モチロン圧勝する主人公。
エロエロな主人公は、連絡先をメモに書いている彼女の体を舐める様に見回しつつ、デートの約束を交わす事に成功した。

dora_013.jpg dora_015.jpg dora_014.jpg

策士な主人公は、すぐ彼女に連絡しようとはしない。
少し日を空けて、彼女が自分を忘れかけた頃に連絡をした方が、こちらの良い印象のみを思い出させる事が出来るのだと言う・・・・
何ともまぁ、今の時代には適応出来そうにない主人公である。

そして数日後、公園でのデートを取り決める。
親近感を覚えらせる為に、カジノの時とは雰囲気を変え子供の様に遊ぶ主人公は、
「焼きソバ売ってるんだ。ここの結構おいしいんだ。」
と彼女に焼きソバを勧めるが、
「私、オレンジジュースが良い・・・・」
と見事に玉砕する。
どうやら、母性本能をくすぐる作戦は失敗に終わった様だ。

dora_018.jpg dora_016.jpg dora_017.jpg

そして、麻雀卓のある個室へ彼女を誘い、また2人で打つ事に。
前回カジノのVIPルームで負けた事から、彼女もかなり練習したらしい。

「私が勝てば、明日の夜、君を私のよく行くレストランへ招待したい」

主人公はまた賭け麻雀を挑み、彼女も快く了承するのだった。

dora_019.jpg dora_020.jpg dora_021.jpg

少しの間で手強くなっていた彼女だったが、辛くも主人公が勝利する。
そして良い雰囲気の中、主人公が彼女の服に手をかけるが・・・・

「もうこんな時間か」

と、自分から手をかけたにも関わらず主人公が先に身を引いてしまうのだった、正に愚行。
おそらく「ちょwwおまwww寸止めwwwwww」と思ったであろう彼女は、明日のディナーを楽しみにしていると言い残し去ってしまう。

そして主人公は勝ち誇った言い方で・・・・

「彼女は、もう君の手の中にいる。しかし焦っては駄目だ。
いい女を落とすのは、最高の設定と最高の条件で落とすのがベストだ。
もしこのまま・・・と思ったのなら、君は『いい女』と付き合うことに向いていない。
本物の女を落とすなら、君も本物になるべきだ。」

と自分の美学を押し付けて、プレイヤーに説教するのだった。
つーか、そもそも何なんだよ『本物』って・・・・

dora_022.jpg dora_023.jpg dora_024.jpg

そして、約束の日。
主人公によって綿密に計算され尽くしたデートコースに、彼女はすでにゾッコンLOVEな状態に入っていた。
前回のデートから、プレイヤーに対し豪く態度のデカい主人公は、

「彼女はもう準備しているはずだ。君を受け入れる事を。」

と、強気な発言を連発する。
どうやら前回のデートで、彼女の受け入れを自ら拒んだ事は忘却している様子・・・・
楽しい食事を終え、主人公は彼女と共にホテルへと向かった。

dora_025.jpg dora_026.jpg dora_027.jpg

ホテルに着いた二人・・・・
彼女は「少し酔っちゃった・・・」とシャワーを浴びにシャワールームへ。
『なんだか今日はいけそうな気がするぅ〜〜♪』と言わんばかりの状況下でも焦らず、主人公はクールに賭け麻雀を挑むのだった。
財布の中にコンドーム? あると思います!!←(バカ)

dora_029.jpg dora_028.jpg dora_030.jpg

そして、麻雀に勝利した主人公は、彼女を、いや本物の女を手に入れた。
主人公は「電気を消して・・・」と彼女に言われながらも

「電気消したら見えへんやんけぇ、ワキワキ」

と、酷いドSっぷりを発揮しながら、彼女をおいしく頂いたのでした・・・・

ドラドラパラダイス エンド


こんな感じのストーリーです。

そして最後は、秋乃桜子さんのNGシーン満載のエンドロールで締められます。
ジャッキー映画みたいな感じですね。
ちなみに、3回のデート中、倍満以上の手で上がるといつもより過激なムービーを見る事が出来ます。
ただ、倍満以上の手で上がるのは苦労しますよ、ホント・・・・

dora_031.jpg dora_033.jpg dora_032.jpg

ストーリー上、『本物の女』を探す事が当初の目的なんですが、もう最初から秋乃桜子さんを『本物の女』と決めてしまっているから、結局は制作者の理想のデートをゲーム化した様な感じになっちゃってますね。
PC-88のエロゲーでもデートシミュレーションは多くありましたが、どれも首を傾げたくなる様なモノが多いです、やっぱり。
ただ、麻雀ゲームとしてはなかなか楽しいので、みんなもプレイして、是非リアルの生活で『本物の女』を見付け出して下さい。
オレ? オレは普通の女の子で良いですw



以上2作品でした。
93年と94年の実写作品なので流石に古臭さは否めませんし、今さら手に入れるにも絶対数が少なそうなので、「こんなゲームもあったんだー」程度に思って貰えれば幸いかと。

次回は後編、『MEGA-LD編』を紹介します。
まったり待ってくれれば嬉しいです。それじゃ!!



p.s.クローゼットの片付けをしようと、要らない服を3着売ったら8万円になったんで、Xbox360とルードギャラリーのボアジャケでも買ってきます♪
ケルトのボアジャケを中古で買おうか迷ってたんで、ルードのボアジャケはありがたい。
ただ高いがな・・・・・


2008年10月29日

魅惑の『Hボタン』。 叩け、擦り切れるまでッ!!

ただいま次回ブログの為に、時間があれば「とある脱衣麻雀」や「とある脱衣ポーカー」を、プレイしてはキャプチャするという作業を繰り返してる訳ですが、今プレイしてるゲーム、正直面白いとは言えないレベルのゲームなんですよね、コレがw
難易度も然る事ながら、ゲーム自体のムダな引き伸ばしが、続けてプレイしたいという気持ちを萎えさせてくれますよ。

個人的に、脱衣麻雀にはイカサマは必要と思ってるので、イカサマ無しの脱衣麻雀は展開が遅くて好きじゃないんですよね。
まぁ、今プレイしてるゲームは、対戦相手が毎回2〜3巡目にリーチをかけたり、自分の手牌にドラが無いからって勝手にドラを増やしたり、勝手に人の牌を自分の不要牌と交換したりとイカサマし放題で、違う意味で早い展開がウリの様ですが・・・・

そんな悔しい思いを晴らすべく、気分転換も兼ねて、4年ぶりに本棚の奥からあるゲームを引っ張り出して来ましたよ。

対戦ホットギミック_お仕置きボックス_s.jpg

究極のお仕置き脱衣麻雀『対戦ホットギミック』です。

今でも人気なのか、未だに稼働しているゲーセンが多いですね。
システムこそ似ているモノの、『麻雀学園』の様な裏モノ的イメージは全くなく、清潔感のある脱衣麻雀って部分に好感が持てますよ。

ちなみに、この『対戦ホットギミック お仕置きボックス』は・・・・・

『対戦ホットギミック』
対戦ホットギミック_s.jpg

『対戦ホットギミック 快楽天』
対戦ホットギミック 快楽天_s.jpg

『対戦ホットギミック3 デジタルサーフィン』
対戦ホットギミック3 デジタルサーフィン_s.jpg

『対戦ホットギミック フォーエバー』
対戦ホットギミック フォーエバー_s.jpg

の全4作品が収録されている上に、小さな原画集まで付いて12800円というメチャお得なボックス。
オレは8800円で中古購入したので、実質1作品2200円という破格。
正直、それまで一作ずつ買ってた人は涙目な仕様ですよ。まさにハーベストマジック。
まぁ、斯く言うオレも、コレが発売されるのを知るまで一作ずつ買ってたんですけどね・・・・

対戦ホットギミック pc_s.jpg

ただ、このPC版『対戦ホットギミック』は、サブシナリオでありメインシナリオでもある「ジャンファイターズモード」の完全排除という暴挙がなされているのです。


「オ、オレのボーイはッ!? オレの工藤優作はァッ!!?」


とか当時は思ってましたが、よくよく考えるとアレが移植出来る訳ありませんねw
個人的にバカ過ぎて大好きだったんですけどw

ジャンファイターズ_s.jpg 麻雀探偵編_s.jpg

そんなこんなでアーケード版と比べて色々端折られてしまっていますが、CGはPC用にリファインされてキレイになっていたり、大人の事情で収録出来なかったお仕置きが2つ収録(CGのみ)されていたりと、PC版ならではの要素もたくさんあって良い感じです。
アーケード版とPC版のCGの違いをgifアニメにしたらこんな感じ。
(サムネクリックしたら大きくなるよ、オニンニンが)

対戦ホットギミック_清水智子_スクール水着の刑.gif 対戦ホットギミック_清水智子_スクール水着の刑_pc.gif
(左がアーケード版、右がPC版。PC版のgifアニメは色数を減らしてるので、本来もっとキレイです)

それに、いつでもお仕置きモードを楽しめるのも一つのポイントですよね〜
もっと欲を言えば『対戦ホットギミック 未来永劫』も収録してほしかったです、プレイした事ないので。
でもハーベストのHPが無いみたいだから、コレ以上の移植はもうムリなのかなぁ?
まぁ良いや、取り合えず気分転換に『スーパーお仕置きタイム』に突入してきます。
モチロン連打は『Hボタン』一択で。コレは昔からの決まり事ですよ。

麻雀探偵編_連打.jpg

よーし、お仕置きして気分も一新出来たし、またゲームのキャプチャに取り掛かるぞー!!
次回は文章少なめ、CG多めで行こうと思います。
多いんですよ、画像が。今プレイしてるゲームのキャプチャ動画のせいで、ホント「HDDん中がパンパンだぜ」な状態ですからw

あ、そーいえば『対戦ホットギミック』の話に戻るんだけど、みんなはどんなお仕置きが好きですか?

ボクはもっぱら誤植乱舞新声社爆破です。(不謹慎)

誤植乱舞_s.jpg 新声社爆破_s.jpg
posted by hisabilly at 01:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | ごちゃまぜ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

今さらレーザーディスク? だからこそレーザーディスク!!

もう何ヵ月も前になるんですが、PCエンジンのゲームをプレイする度に毎回DUO-Rをセットするのが素晴らしく面倒になったので、TVラックにそのまま置きっぱなしにしてても違和感がなく、全面パックを取り換える事でPCエンジンとメガドライブのゲームを両方楽しむ事ができ、更にレーザーディスクの視聴も可能という素敵プレイヤー『レーザーアクティブ』を購入しました。

CLD-A100_s.jpg

PCエンジンはエロゲーマーの必須ハード、外す訳にはいきません。
それに、メガドライブはドMゲーマーの必須ハードなので、両方を併せ持つレーザーアクティブはかなりヤバヤバです。(一部語弊有りかも?)

そして、機能的には一般のLDプレイヤーと比べて劣るモノの、せっかくLDも見る事が出来るので、最近は敢えてLDを購入したりと、レーザーアクティブの機能をフルで活用してました。
「重い・デカイ・ディスク劣化」などなどDVDと比べてもマイナス面がメチャ多いLDですけど、ちょっとLDを漁ったりしてるとLDの良い部分ってのもたくさん見えてくるモンですね。
今回は取り合えずゲームの方は置いておいて、レーザーディスクの良い点をメチャ偏った目線から挙げてみました。


まず第一に、何といっても『DVDなどと比べて価格が安い』!!!

例えば、DVD版の『餓狼伝説 劇場版』が廃盤になって何故か10000円を超えるプレミア価格になっているのに対し、同作のLD版は500円とかそんな程度。

LD_002_s.jpg

DVD版の『餓狼伝説 劇場版』では、キムの鳳凰脚がコマ送り仕様になってるなど、評判がイマイチだったにも関わらずプレミアが付いてるってのは、やっぱり不知火舞がエロエロだからなのかな?

ffm_001.jpg ffm_002.jpg ffm_003.jpg

他にも、DVDBOXが廃盤になっててBOX-2がプレミア化してる『イデオン』や『ザブングル』なども、LD-BOXなら10000円以下で買えるってのも嬉しいですね。


そして第二に、『DVD化されてない佳作アニメをVHSより高画質で見られる』!!!

LDで販売された作品のほとんどはDVD化もされていますが、中にはDVD化もされずに埋もれてしまったアニメも存在します。
『忍者龍剣伝』の様な、元々ゲームだったモノがOVA化してた場合などに多いですね。

LD_005_s.jpg

個人的には良い感じの内容だったアニメ版『忍者龍剣伝』。
いつもリュウ・ハヤブサが隠密行動を取っていて、仲間のロバート(CV:若本)の方が主役っぽかったりする点なども、忍者らしくて◎ですよ。

ninja_g_001.jpg ninja_g_002.jpg ninja_g_003.jpg

そういえば、『ウィザードリィ』や『スーチーパイ』もDVD化してなかった様な・・・・・どうだったかな?


そして第三に、今となっては販売する意味のない様な『当時の資料的LDがたくさん』!!!

コレはDVD化されていない点など第二と被っちゃってるんですが、今ではネットもあり、更にはホームページ上で体験版が配布されていたりと、わざわざお金を払ってまで情報を手に入れる必要は無いですが、1990年頃にはエロゲーの情報がPC雑誌に数ページ掲載される程度だった事もあり、声優さんがエロゲーの紹介をしていくVHSやLDがいくつか販売されました。

LD_001_s.jpg

『美少女ソフトオリジナルカタログスペシャル』では、1991年〜1992年の新作情報だけでなく、『天使たちの午後』や『リップスティック アドベンチャー』など、1980年代のソフトも多く紹介。
確かテクノポリス監修だったと思うんで、エロゲーにかける気合が違いますよ。
まぁ、VHSやLDというメディアで販売してるんだから、一応モザイク処理はした方が良いんじゃないかな?って思ったりもしますが。
モチロン、年齢制限なんてありませんしね。

tengo_001.gif dk1_01.gif rance1_001.gif

この『美少女ソフトオリジナルカタログスペシャル』以外にも、『elf BEST CHARACTERS』や『ALICE SOFT BEST CHARACTERS』など、人気メーカーのエロゲーを集中して取り上げたモノもありました。

他には、アーケードの脱衣麻雀の脱衣シーンをたくさん収録したモノなども。
コレもYoutubeやニコニコ動画などがある今では、あまり需要がないかもしれませんね。

LD_003_s.jpg

「完全収録!!」と謳ってる割には、収録されていないシーンも多々あったりと誇大広告っぽいのも昔らしいです、当然悪い意味で。

m_001.gif m_002.gif m_003_s.gif


と、まぁこんな感じでアニメとゲームの話しかしてませんが、LDもそれなりに良い所があるって感じてくれれば幸いだったりします。

次回はレーザーアクティブのゲームの方を、もちろんオレのブログらしいゲームを紹介します。
ダラダラと長い『次回予告』を読んで頂き、どうもありがとうございましたw

それでは最後に、スタジオジブリの名作アニメのLDジャケットで締め括りたいと思います。

LD_004_s.jpg

おや? 何か玄関のドアの開く音が聞こえた様な・・・・・
posted by hisabilly at 11:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | ヲタクな小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。