sub_001.jpg


2009年04月11日

PC-98エロゲーに見る、【巨乳】【貧乳】を超えた新ジャンル

お久しぶりです、こんばんは。
2ヶ月ぶりくらいですかね? ダメダメですね、ホント。

ではでは気を入れ替えて、今回はPC-98エロゲーの『胸』についてのお話です。
くだらない前置き無しで早速ど〜ぞ。

※今回はほとんどネタみたいなモノなので、適当に、且つ怒らずに読んで下さいね。


世の男性で嫌いな人はいないであろう、女性のシンボルとも言うべき胸。

1982年から始まったエロゲー史の中でも、胸へのこだわりを持った作品がたくさん発売され、今でも多くの作品にその傾向が見られます。

例えば、PC-88やFM-7などで発売された初期エロゲー作品には、ロリゲー全盛期という事もあり、胸の小さなキャラクターが多く登場しました。
ゲームタイトルに『ロリータ』と付く作品が多かった事からも想像に難くないですね。

final lo_t_s.gif
■ファイナルロリータ■PSK■86年発売■

ですが、時代がPC-98に移行するにつれエロゲーの主流も大きく変化し、胸の大きなキャラクターが、登場するキャラクターの多くを占める様になります。
バストが80cm以下のキャラクターを探すよりも、むしろ100cm以上のキャラクターを探す方が楽という状況。
『大は小を兼ねる』と言われるものの、「コレはやり過ぎだろー」ってのも多かったですね。

それらの中には、主人公を胸で圧殺できそうな巨乳キャラクターも・・・・

xenon_s.gif
■XENON 〜夢幻の肢体〜■シーズウェア■1994年12月9日発売■

laker2_s.gif
■聖少女戦隊レイカーズ2■アップルパイ■1994年12月16日発売■

eimy_s.gif
■エイミーと呼ばないでっ■シーズウェア■1995年5月19日発売■

個人的にPC-98エロゲーの【おっぱいお化けベスト3】と思っているキャラクターを上記してみましたが、中でも『XENON 〜夢幻の肢体〜』のトレイシーの胸の大きさは尋常ではなく、肉奴隷シナリオの痛々しい描写は凄まじいモノがありました。

xenon_2_s.gif xenon_3_s.gif

ちっくビ〜ム、ちっくビ〜ム♪
・・・・ぅぉ、すみません、取り乱しました。
もう人間のソレを超えてます。まさに超乳といった代物。

こういった作品の様に、PC-98のエロゲーには、一種の巨乳ブームに乗っかる形で、特徴のある巨乳キャラクターが多く登場するのでした。

しかし、巨乳キャラクターは人気が出るからと言って、単に胸を大きくするだけで「( ゚∀゚)o彡おっぱい!おっぱい!」なユーザーは満足し続ける事が出来るでしょうか?
バストが100cmだろうが200cmだろうが、結局のところ、胸の大きさのみの変化では一時の話題性で終わってしまいます。

それならば、当然『巨乳+α』が必要になってくる訳です。

キャラクターの性格や背景に頼らず、どうやって『+α』を得る事が出来るか・・・・?
そんな難題を、いとも容易く実現させた作品が存在するのでした。


mk_t_s.gif
■マジックナイト■NIC■1992年12月11日発売■

それがこの、NICから発売された『マジックナイト』です。

簡単にゲーム内容を紹介すると、攻撃方法が魔法のみという点を除けば、至ってシンプルな3DダンジョンRPG。
賞金稼ぎを生業としている大陸最強の魔法戦士ダイアモンド・アンナベル・ブラックダイアモンドが、旅の途中に偶然立ち寄った村で魔物退治の依頼を受け、囚われの身となった村の女性やエルフ達を救出し、邪神復活を阻止するといったストーリー。

mk_005_s.gif mk_033_s.gif

目が痛くなりそうなケバい配色に負けず劣らず、MPやアイテムの配分を考えながら進まないと絶対に詰まってしまうという、なかなかな鬼畜仕様。
それに加えマップがかなり広く、敵の出現率も異常、さらにエロゲー3DRPGにありがちな『お使い』が頻繁にあるので面倒な事この上ありません。
ラスボスの部屋の鍵を見つけるイベントなんて、50以上もある部屋を何のヒントも無しに探さなきゃならないですからね。
マップを自作しないと確実に迷います。

って、何かゲーム批判みたいになってきたので、ゲーム内容はこの辺りで止めておいて。

さてさて、何故このゲームが『巨乳+α』を兼ね備えているかというと、まず第一に登場する全てのキャラクターが超巨乳。

mk_019_s.gif mk_050_s.gif

『巨乳+α』なので、この要素は当然含まれていないとダメな訳ですが、登場キャラクター全員が巨乳のゲームというのは当時としては珍しかったんですね。
さらに、登場するモンスターさえも全て巨乳で統一させているという徹底ぶり。
制作者の『胸』に対する拘りがヒシヒシと伝わってきます。


そして第二に、ココが今回のポイント『+α』にあたる部分な訳ですが、コレは説明をするよりも画像で判断していただきましょう。
それでは、画像をどうぞ。

mk_027_s.gif mk_029_s.gif
mk_025_s.gif mk_053_s.gif
mk_024_s.gif mk_034_s.gif

この6枚の画像にある、ひとつの共通点がおわかりいただけたでしょうか?


そう、どのキャラクターも乳首が異様に長いのです!!!


主人公のダイアモンド然り、囚われている村人然り、更にはモンスターまでも、登場する全てのキャラクターの乳首が天を衝く勢いで伸びているんですね。
通常時でこんなですから、気分が昂ってきた時は凶器です。

確かにコレまでにも、乳首の長いキャラクターは居たには居ましたが、それが全てのキャラクターともなると前代未聞。
「需要があるから」と巨乳キャラを登場させるだけの、『巨乳』というジャンルに甘んじていたメーカーが驚愕する様な独自性の高い作品が投入されたのでした。

ですが、この作品の認知度が示す様に、売り上げ的にも芳しくなく、ほとんど注目されず消えていく事に。
おそらくコレが、当時の「( ゚∀゚)o彡おっぱい!おっぱい!」なユーザーの答えだったのでしょう。
時代が『マジックナイト』に追いつく事が出来なかったのです・・・・

しかし、この唯一を求めるチャレンジスピリットは素晴らしいモノ。
そんな『マジックナイト』は、『巨乳』を超えた唯一のジャンル・・・・

『長乳首』

というジャンルを限りなく静かに打ち立てたのでした。

その後、というか昨今でも『長乳首』のエロゲーを聴きませんが、同じ様なエロゲー作品が多い今こそ、消えかかったジャンルに求められるモノがあるかもしれません。
需要無視でチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
まぁ、『マジックナイト』の二の舞を踏んでも責任は持てませんが・・・・



以上、『PC-98エロゲーに見る、【巨乳】【貧乳】を超えた新ジャンル』の紹介でした。
正直、自分で書いておいて後半は「何が何やら・・・・」な感じでしたが、まぁ、ネタですのでw

そーいえば、PC-98エロゲーは巨乳キャラクターの需要が高かった割に、人気キャラクター上位を占めていたのは『同級生2』の鳴沢唯や『ランスシリーズ』のシィルの様な、どちらかと言えば胸の大きくないキャラクターばかりでしたね。

nanpa2_hd_001_s.gif rance1_001_s.gif

キャラクターってのは、結局のところ見た目以上に性格や背景が大切なんですなぁ〜

ちなみに、エロゲーでは少ない『長乳首』ですが、成人向けマンガでは意外と多い様で、色んな漫画家さんが長い乳首を持つステキ?な女性を描いています。
こーいった絵師さんがエロゲーの原画をすると現代版『マジックナイト』になるのかな?
そう考えると違った意味でワクワクしてきますねw

それでは最後に、『長乳首』で有名なとある漫画家さんの表紙で本ブログを締めくくりたいと思います。






inma_ranbu_s.jpg



「ながいな!! ふーかのちくびはながいな!!」(超大団円)




2009年01月19日

大掃除だよ、エロゲー集合!!

18日ほど明けましておめでとうございます。

今年の正月はあまり飲まないと決めていたのに、結局大晦日から飲みっぱなしで、例年通りの『飲み正月』で休みを消化しました。
まぁ、久しぶりの友人と会ったり、初詣に行ったりと、色々充実した正月休みだったんですが、連休を取った分仕事が溜まっちゃってて辛いのなんのって・・・・
やっぱ長い連休は諸刃の剣ですね。

で、そんな正月休みだったので、当然の如く大掃除なんてしてる訳もなく、「取り合えず倉庫の片付けだけでもしとくか・・・」と、数日前に倉庫の片付けを頑張ってみました。

個人的に『捨てる=片付け』と思ってる人なので、倉庫内の占拠率の高いPC-98エロゲーとPC-98エロゲー情報誌を引っ張り出して、それらのスリム化を模索。
服・ゲーム・レコードはそれなりの価格で売れるから捨てる必要はないけれど、PC-98エロゲーやエロゲー情報誌は、一部を除いて二束三文ですしね。

そんな訳で、まずはデカくてかさ張る事で有名なPC-98エロゲーのプラスチックケースを全て破棄!!

PC-98エロゲーの中にも『下級生』や『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』の様に紙ケースの物もあり、さすがにケースを破るのは忍びないのでそのまま所持する事に。

これでカバーとマニュアルだけになり、かなりコンパクトになりました。

pk_s.jpg

大量のプラスチックケースは、今度クリーンセンターにでも持って行こう。


そして今度は、PC-98エロゲー情報誌の処分です。
かなり前に1997年以前のエロゲー情報誌を集めていた(結局半分程度しか集まりませんでしたが・・・・)事もあり、今ではおよそ300冊近くあるんですが、当然の如く一度読めばそう何度も読まないんですよね。
って事で、「要らないかな、コレは?」って物を全て処分する事に。

ただ、集めていた物をそのまま捨てるのは、貧乏性のオレには到底出来ない行為なので、いくつかエロゲーの広告を切り抜いておきました。
その中で有名なモノをいくつか紹介。

ps_s.jpg ah_s.jpg

pp_s.jpg rr_s.jpg

dra_s.jpg rance_s.jpg

can_s.jpg ikase_s.jpg

saori_s.jpg kajitu_s.jpg

いや〜、ケバケバしいレトロエロゲーの広告って大好きなんですよ。
今のエロゲーの広告って、ちょっとしたアートみたいじゃないですか。
何かもっとこう、「うゎ〜、色使いとか凄ぇ・・・」みたいなのが好きなんですよねw
ちなみに「『韋駄天いかせ男』って何だよ?」って人は、美紀さんのブログで詳しく紹介されていますのでソチラをご覧になっちゃって下さい。
「へぇ、電波ゲーって昔からあるんだなぁ・・・・」って思わせてくれますよ?w

そして完全に不要になったエロゲー情報誌は、週刊誌やファッション誌などで偽装しつつゴミ収集場所へ。

『PCエンジェル』『電脳通信pipi』などは表紙がHっぽくないので、偽装もせずにそのまま捨てられますが、さすがに『メガストア』みたいに露骨にエロエロしてる表紙の物を直接捨てるのは気まずいですし。
後、ちょっと変わったサイズの『PCペンギンクラブ』や『テックジャイアン』などは、『電脳Beppin』や『PCドルフィン』などのA4サイズの情報誌でサンドして、さらにファッション誌でサンドすれば完璧です。
これで、段ボール9箱分にまで減らせました!!(まだ多い)


と、まぁ、そんなこんなで倉庫の一角も片付きました。
片付け中、プラスチックケースを捨てた事で溢れてきた大量のフロッピーディスクを見て、次回のブログのネタも思い付いたので一石二鳥な片付けでしたよ。

今度はPC-98エロゲーのフロッピーネタで行こうと思います。
それじゃ、次回。部屋の片付けが済んだ後に・・・・
posted by hisabilly at 02:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | ごちゃまぜ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

PC-88時代の、病院を舞台としたエロゲー

以前、REVの物置さんの「病院が舞台のエロゲ」という記事を読んだ時に、ふと思ったのですよ。

「PC-88のエロゲーで、病院が舞台のモノってどのくらいあるんだろう?」と。

REVの物置さんのサイトではWin95以降(1997年〜)のエロゲーが紹介されていたので、コチラは敢えて1990年までのエロゲーを紹介したいと思います。

それでは、『病院が舞台のPC-88エロゲー』を、発売日の古い順にどうぞ!!


・・・・・あ、前回の超マイナー? レーザーアクティブのエロゲー大全集【LD-ROM2編】で言ってたMEGA-LD編は、また今度紹介しますw


では、改めてどうぞ!!



病院が舞台のPC-88エロゲー



lip_t_s.gif

lip_1.gif lip_2.gif lip_3.gif

作品名LIPSTICK #4 〜白衣の天使編〜
メーカーフェアリーテール
ジャンルCG集
発売日1987年10月
オレ's 小言
 「難しいアドベンチャーゲームをクリアしてHシーンを見るなんて手間過ぎるよ!!」って人に大人気だったHCG集。高速アニメーション処理をするCGも数枚含まれていて、ただのCG鑑賞ソフトとは訳が違います。その分CGが少なめだけど、1作品3000円と言う低価格に納得・・・・うーん・・・・出来る、かな?
 全5作ある『LIPSTICK』作品の第4作目『#4 白衣の天使編』が、病院を舞台にした作品になっています。
 ちなみに、後にキャラクターを使いまわしてシナリオをくっ付けた作品が、PC-88の名作アドベンチャー『LIPSTICK ADV』だったりします。
 『LIPSTICK ADV』でストーリーの進行に関係ない公園へ行けたりするのは、やっぱり『#1 ロリータ編』のキャラクターを出す為なんでしょうね。



hospital_t_s.gif

hospital_001.gif hospital_002.gif hospital_003.gif

作品名ザ・病院
メーカーPSK
ジャンルテキストアドベンチャー
発売日1987年12月
オレ's 小言
 いつものPSK作品とはかけ離れた、終始モノクロームな画面で進む本格派サスペンステキストアドベンチャー。
 PSKと聞いて「わぁー!病院が舞台のロリロリなエロゲーだー!」と期待して購入すると、切開した腹部や死体の写真(白黒)など、ちょっと気持ち悪くなるCGを見てげんなりしてしまう事請け合い。(もちろんパッケージ見ればエロくないのは分かっちゃうんですけどね)
 あまりHじゃないけど、病院の暗部を照らし出した、医師である作者ならではのヤバヤバな作品です。
 でも、個人的にテキストアドベンチャーなら『ロリータU』の方が良いな。
 これまたみぐぞうさんのブログで詳しく紹介されてます。



doki_t_s.gif

doki_1.gif doki_2.gif doki_3.gif

作品名ドキドキ シャッターチャンス!! 別売りデータ集 #2 看護婦編
メーカーelf
ジャンルアクション
発売日1989年2月
オレ's 小言
 2000年頃までは誰もが認めるNo.1エロゲーメーカーだったelfのデビュー作品。
 正義のカメラ小僧になって、依頼を受けた場所でHな写真を撮りまくるというアクションゲーム。
 そーいえば、どこかのサイトで読んだんだけど、この作品は蛭田社長がフェアリーテールに在籍してた頃に作っていたらしく、elfデビュー作として発売したものの、とにかく売れなかったらしい・・・・
 昔のカタログにも『ぴんきぃ・ぽんきぃ』以前の作品は表記されてなかったし、無かった事にしたい作品なのかな?
 なかなか面白いのにね。



pp_t_s.gif

pp_1.gif pp_2.gif pp_3.gif

作品名ぴんきぃ・ぽんきぃ #1 びゅーてぃふる・どりーむ
メーカーelf
ジャンルアドベンチャー
発売日1989年7月
オレ's 小言
 またまたelfの作品で、『同級生』の原型になったと言われるアドベンチャーゲーム。
 女の子との会話で好感度を上げて行き、惜しくもナンパに失敗すると「実はそれは夢だった」と、全く違うストーリーに移り変わる斬新過ぎるシステムも類を見ないですね。
 病院が舞台になっているのは、全5ストーリー中の2つ目。
 ゲーム自体はシンプルで、ただ女の子の問答に3〜7択で答えるだけなんだけど、コレがメチャ難しく、『同級生』の難しさもコレが元なら納得という感じですよ。
 『ぴんきぃ・ぽんきぃ』はelfのCD会報にも収録されていたらしいので、今ではそちらの方が手に入れやすいのかも。





以上、4作品でした。

う〜ん、さすがに病院に限定すると少ないですねぇ。
1990年までというとたくさんのメーカーが参入しているのに、4つの内2つはelfですし。
まぁ、当時は学園モノ・SFモノ以外でジャンルが統一されていたモノは殆ど無かったですし、仕方ないっちゃ仕方ないのかもしれません。

だからといって、コレだけで終わりというのも悲しいのでちょっとした番外編でも。




番外編:主人公が医者、もしくは医大生のPC-88エロゲー



my_lolita_s.gif

作品名マイ・ロリータ
メーカー光栄
ジャンルシミュレーション
発売日1985年1月
オレ's 小言
 エニックスから発売された『ロリータ・シンドローム』の続編的な作品にも関わらず、本作販売をエニックスに拒否られ、後に光栄から発売されたという、ステキな経歴を持つ作品。
 「お医者さんゴッコ」と称し、女の子の腹部を切開したり、女の子のクローンを作ったりと道徳的にマズいシーンが満載。
 治療方法などもムダに専門的で、処置を一つ間違えただけで女の子が死んじゃうとか、「お医者さんゴッコ」の域を超えてますよ・・・・
 ある意味『Life&Death ver.Lolita』って感じかな?



cp_t_s.gif

cp_001.gif cp_002.gif cp_003.gif

作品名シンデレラ ペルデュー
メーカー全流通・Studio ANGEL
ジャンルアドベンチャー
発売日1986年9月
オレ's 小言
 医科大3回生の主人公が、パソコン通信で彼女を探している最中に謎の暗号を受信し、日常生活の中で様々な人からヒントを貰いつつ、その謎の暗号を解くというストーリー。
 医科大生という設定上病院モノを期待してしまいますが、実際のところ病院には一度しか行かず、大体はアイドルのコンサートに行ったり、バーに飲みに行ったりと、初期設定完全無視な内容。

流 石 は 全 流 通 ! !




dps_t_s.gif

dps_001.gif dps_002.gif dps_003.gif


作品名D.P.S 〜Dream Program System〜
メーカーアリスソフト
ジャンルアドベンチャー
発売日1989年12月
オレ's 小言
 3つあるオムニバスストーリーの1つ『いけない内科検診』の主人公が、学園から内科検診の依頼を受けた医師という設定。
 鬼畜な主人公が内科検診中に女の子を押し倒したり、Hをした女の子を窓から放り投げちゃったりと、アリスソフトらしいコミカルさが全面に出ている作品です。
 やはり愉快な鬼畜キャラを作らせればアリスソフトの右に出るメーカーはないですね。
 今プレイするならWindowsで動く『D.P.S全部』がオススメ。でもコレ、なかなかに難易度高いですよ? 




帰ってきた番外編:唐突にナースが出て来るPC-88エロゲー



5sd_t_s.gif

5sd_001.gif 5sd_002.gif 5sd_003.gif

作品名Five Sweet Dream
メーカーGREAT
ジャンルアドベンチャー
発売日1986年8月
オレ's 小言
 5つの部屋にいる5人の女の子を1人ずつ満足させてゆくアドベンチャーゲーム。
 そのROOM4にいる、医者志望でちょっとサイコなケイコちゃんがナースの格好をしてます。
 扉を開いた先にある世界なので、もしかするとココは病院なのかもしれないけど、背景が真白なので全然わかりません。
 想像しろって事なら、あまりに難しい注文だ・・・・


bs_mc_t_s.gif

bs_mc_001.gif bs_mc_002.gif bs_mc_003.gif

作品名美少女写真館 〜スタジオ・カット〜
メーカーHARD
ジャンルシミュレーション
発売日1987年1月
オレ's 小言
 カメラマンになって、色々なコスチュームを着た5人の女の子を撮影するシミュレーションゲーム。
 3人目の和泉亜衣のみ舞台が病院だけど、CGは全2枚。
 つーか、登場キャラ5人のCGを全て合わせて全10枚。 あ、ピンボケ写真を合わせれば全20枚か。
 ボリューム自体は寂しいけれど、他メーカーでは思いつかない様なHARDらしい内容の良作です。


abs_t_s.gif

abs_001.gif abs_002.gif

作品名あぶない女性心理学入門
メーカーフェアリーテール
ジャンルアドベンチャー
発売日1987年6月
オレ's 小言
 4つのCG集の内、「ファイブトリップ」というごった煮なCG集に収録されたCG。
 一応、病院でナースでしょ?
 CG集なので、何の脈絡もなく病院のシーンへ飛びます。
 そして、オレも大した感想もなく次へ進むのでした。




以上、番外編を含めた計10作品でした。

無理矢理な番外編で数を増やしたモノの、やはり少ないですねぇ。
上に挙げた病院ゲームも、実際オムニバスストーリーの一つとして存在しているモノや別売りデータ集ばかりで、病院のみを舞台として発売された作品はPSKの『ザ・病院』のみなんですよね。
もっと言うと『ザ・病院』はエロゲーじゃないですし・・・・

やはり、1994年に発売されたシルキーズの『野々村病院の人々』以降じゃないと病院が舞台のエロゲーってのは少な過ぎですよ。
(他には、1991年に発売されたホームデータの麻雀クリニック増刊と1992年に発売されたアリスソフトのDr.Stopくらい?)

また機会があれば、1994年〜1996年に発売された病院が舞台のエロゲーを調べてみます。

まぁ、思ったより数が多ければ諦めますけどねッ!!(ダメ人間)
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。