sub_001.jpg


2007年10月02日

PC-98時代のパクリキャラが凄まじかったエロゲー

前回『PC-98時代のカオスなタイトルのエロゲー』を書いたんですが、今回も似た様な感じで、『PC-98時代のパクリキャラが凄まじかったエロゲー』を紹介します。

人気のあるゲームやアニメなどのキャラクターを、ちょっと似せて登場させてるエロゲーは昔っから数多くありましたが、やり過ぎだと思うってしまう程の作品は当時でも少なかったと思います。
まぁ、訴えられてしまったら終わりなので、当たり前と言えば当たり前なんですがw

そんな、やり過ぎなパクリキャラクターが登場するPC-98エロゲーで、特にインパクトの強かったタイトルを3つ選んでみました。



堕落の国のアンジー

angie_t.gif

おそらく、PC-98エロゲの中で最も下品極まりないエロゲ。
究極のエロと究極のバカさを混ぜた最低のゲームです。
あ、もちろん良い意味でw
ホント、田所広成氏が関わったゲームは何かしらヤラかしてくれます。
まぁ、トレース疑惑などでだんだん失速していった『実姉妹』には萎えましたが・・・・・

そんなイカレた『堕落の国のアンジー』のパクリキャラと言えば、やはり【マラオ&イジール】
コレは外せません!!

angie_0010.gif
【マラオ&イジール】

世界一愛されているゲームキャラが、3P大好きの変態外国人にされてしまっています。
初めて見た時は、友人と大笑いしましたw
つーか、当時の雑誌にも大々的に掲載されてたけど、エロと著作権に厳しい花札屋さんに見付っても問題なかったのかな?

ちょっと話が変わりますが、このゲームが発売されて数ヶ月経った頃、オレが近所のゲームショップで「何かオススメある?」って店員に尋ねたら「このゲームは絶対やった方が良い!!」って、自信満々にこのゲームを勧めてきたんだけど、当時オレ中学生。

こんなゲームを中学生に勧めんなwww

いや・・・・まぁ、当時でもそれなりに面白かったんだけどさ・・・・w

正直かなり好き嫌いが分かれてしまうゲームですが、エロゲをプレイしてるならこのゲームは絶対プレイした方が良いと思います。
これぞ究極のエロゲだと思いますから、個人的に・・・・・

angie_0007.gif

ただし、ホントに最低のゲームですけどねw



暗黒千年王国 マジカルキュービック

ankoku_t.gif

一人二種類のコマを使う、ちょっと変わったオセロゲーム。
一種類をお邪魔用に使い、もう一種類で攻めるなど、普通のオセロとは違い、色々な戦略を組めるので結構楽しめます。
そして、肝心のパクリキャラがドコに出てくるかと言うと、このゲームはオセロ盤の四方を取れば敵を捕虜にしたとしてHCGが見られるのですが、実はこのHCGがほぼ全てパクリキャラで形成されてるんですよね。
そのHCGをちょっと紹介すると・・・・

ankoku_001.gif
【ロードス島】

ankoku_024.gif
【侍魂】

ankoku_040.gif
【セーラー戦士】

コレでも一部で、ほとんど当時人気だった作品のキャラクターがパクられてます。
ノリは完全に同人ゲーム。
確か、当時の雑誌にもパクリキャラのHCGは全然載ってなかった様な気がします。
さすがにヤバイと思ったのかな?

でも、そこまでパクっておいて、どうして主人公の側近がストUのDeeJayなのかは謎・・・・
ankoku_deejay.gif
もっと良いキャラいるだろっていうw

結局このゲームを制作したkattyは、この作品のみで消えてしまったんだけど、そんな消え方すると何かあったかと邪推してしまいますね。



学園都市Z

gakuen_z_009.gif

WizTypeの3Dダンジョンにアドベンチャー要素をミックスした、ロボット物RPG。
ほとんどお遣いゲーで色々な場所を行ったり来たりするのに、マップが尋常じゃないほど広大な上、扉の様な目印になるモノが一切ないので、一度向きを誤るとマップを見ながらでも迷ってしまうという、一番イヤになるタイプのゲーム。
でも、当時のエロゲーにしては珍しく、Zガンダムやマクロスに出てそうな感じのカッコ良いロボットが多く登場するのは良い感じです。

そして、どこにパクリキャラが出てくるかと言うと・・・・・って、もうタイトルを見た時点でパクリネタが分かりそうなモノですが、取り合えず分かりやすく紹介すると・・・・

gakuen_z_015.gif
gakuen_z_011.gif
gakuen_z_0135.gif

もう、まんま『トップをねらえ!』なんですね

キャラが似てるだけじゃなく、キャラ設定や雰囲気まで似せてしまっていると言う、極端な話『電脳学園3.1』と言った感じ。
いくら『ソフトベンダーTAKERU』のみの販売だと言ってもやり過ぎ感が凄いです。

gakuen_z_006.gif

それ以上に驚いたのが、当時の雑誌のインタビューで「『学園都市Z』のアニメっぽいノリはスタッフのみなさんの好みによるものですか?」って問いにシナリオ担当の方が、「ええ、そうですね。でも僕なんかは巨大ロボットものだと『マジンガーZ』なんですが(笑」と回答。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

ここまでやっておいて、どうしてそこでマジンガーZの話題にw
シナリオ担当の方、とても素敵な方とお見受けしますw

つーか、このゲームのエンディングで「,,,,,END?」って出るんだけど、もしかして2作目作る気だったのかな・・・・?

個人的な意見ですが、止めておいて正解だったと思います。



以上、こんな感じです。

今も昔も、ギャグとして他の作品をパクってるモノは面白いと感じる事が多いけど、シリアスな作品で他作品をパクってるモノって、元ネタを知ってしまうと結構ひいてしまう事が多いです。
やはり、何でも限度ってモノがあるって事ですね。

てか、ホントはパクらないのが一番なんでしょうがw



あ、とてもどうでも良い話なんですが、最近全く時間がなくて、このブログの記事を書くのに、何と4日かかってるのですw
あぁ、何てこった。
時間が欲しいよぉ・・・・
星銃士ビスマルクと装甲騎兵ボトムズを全話見たいよぉ・・・・w
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。