sub_001.jpg


2008年01月31日

『倒す、そして脱がす!』 これぞレトロエロゲー【RPG】の王道ですよ?

数あるエロゲーのジャンルの中で、いまいち勢いのないRPG。

エロゲーがWindows95へと変わって行った1996年頃には、AVGが全体の8割を占めているのに対し、RPGは全体の1割程度しかなくなっていました。
今もその程度で推移しているって事は、もしかするとエロゲーはRPGと言うジャンルに向いていないのかもしれません・・・・
ただ、そんなRPGというジャンルも、1980年半ば〜後期まではPCゲーム全体の6割(一般PCゲームも含むので、エロゲーのみならAVGと同じ程度かな?)と、最も多くを占めていた時代もあったのです。
当然数多く発売されるジャンルには、抜きん出る為に素晴らしい設定の作品が出てくるモノ。
ゲーム自体は大した事が無くても、設定が素晴らしいゲームは昔にも多く存在します。
そんな多くのHRPGの中で、個人的に『最もエロゲーらしいRPG』と思っている設定が・・・・

1.通常の敵(モンスター)は全て女の子。
2.その女の子を倒すとお楽しみ。

・・・・この2つです。
レベル上げやマップ移動など、RPGの性質上、HシーンからHシーンまでの間隔が広がってしまう所を上手く補っている、絶対にエロゲーでしか出来ない芸当ですね。

今回は、そんな設定を含んだレトロエロゲーをいくつか紹介します。
では、イキナリ名作からどーぞ!!



カオスエンジェルズ

chaos_angels_001.gif
■ASCII■88年7月発売(PC-88版)■89年12月発売(PC-98版)■7800円

昔、この国の北に、栄華を極めたとされる王国が存在した。
今となっては何という国であったか知る者はおらず、ただ『北の国』とだけ歴史書に名を残している。
国の在ったとされる辺りは見渡す限り一面の砂漠となっており、王国の名残を留める物は何もない・・・・

或る日、主人公は酒場で不思議な老人と出会った。
「御主、ウロボロスの塔を知っておるか?」
ウロボロスの塔とは、『北の国』の何処かに在る、最上階を究めた者は、人の求める色と欲の全てを手にする事が出来るとされる伝説の塔だ。
しかし、その塔を究めた者は未だ存在しない。
話を終えた老人は、おもむろに古ぼけた鍵を取り出し主人公に差し出した。
「御主はどこかわしと似ておる、必ず塔を制する事が出来るじゃろう、健闘を祈っておるぞ」
老人との出会いが主人公を壮大な時の魔術に導いたのだった・・・・


今でも人気の高い、エロゲー屈指の名作3DダンジョンRPG。
エロゲーとは思えない程の本格的な内容や、エロゲーらしい軽いノリが合わさった魅力的な作品です。
おそらく『女の子を倒して脱がす』という設定の元祖・・・・なのかな?

ca_001.gif

登場する敵キャラは全員女の子で、倒した後は自分のバイタリティが残っていれば2回まで襲う事が出来ます。
ただし、バイタリティは3回行動すると0になってしまうので、一撃で倒さないと2回襲う事は出来ません。
一撃で倒すと言っても『センスオブデス』は女の子を粉々にしてしまうのでダメダメです。

この時代には珍しかったメガネっ娘のクラーケン
ca_002.gif
ca_003.gif
別に魔力のせい硬くなった訳じゃないと思う、バジリスクとコカトリス
ca_004.gif
ca_005.gif

女の子モンスターの中には、襲う事で特殊能力を奪う事の出来る女の子も。
序盤は、2Fと3Fにいる獣化する女の子の特殊能力が大活躍です。
後は4Fで絶対必須のバブリースライムとか。

ca_006.gif

難易度のバランスも取れていてかなり面白い作品なのですが、当時は「コレはゲーム性が高過ぎて実用性に欠ける」と非難する人もいたそうな。
何という制作者泣かせな意見・・・・
ちなみに、移植されたMSX2版やPC-98版はオリジナルのPC-88版よりも女の子モンスターが多いので、どうせプレイするならPC-98版がオススメです。
まぁ、PC-98から登場した三目は最高にウザイですけどねw



少女探偵 RINNちゃんの事件簿 電脳少女伝説

max_rinn_001.gif
■アグミックス■89年5月発売■7000円■通信販売限定

遥か神話の時代、神々に追われた淫邪神が、邪悪な呪いを込めて世に放ったとされる魔妖星の七宝石という不思議な宝石がある。
それを手にした者は淫邪神の呪いに支配され、闇の心と破壊の魔力を持った魔人に化すと言われる。
数年前、RINNの妹ノリコは偶然にもその宝石を手に入れてしまった為、淫邪神の呪いから闇の魔女となってしまい、遠く離れたとある町を力により支配してしまった。
それ以来RINNは、ノリコを救う為に淫邪神に対抗する秘術を学び、中欧の錬金術師から淫邪神の魔力を封じる事の出来る秘剣『男根の剣』を授かった。
そして長い旅の末、ノリコの支配する町へ辿り着いたのだった・・・・

アグミックスのMAXシリーズ第4弾。
シリアスそうなストーリーに反して、終始バカっぽいノリで進むシンプルな3DダンジョンRPG。
原画を忠実に再現しているらしく、もりばやし♥りんご氏の絵の魅力がそのまま再現されています。

max_rinn_002.gif

登場する敵キャラクターは全て女の子なのですが、全4階のダンジョンで登場する女の子は全部で10人程度しかいません。
ですが、女の子キャラクターが少ない分、倒した後のお楽しみの種類が豊富でかなりエロエロです。
ソフ倫の出来る前のゲームなので、ゲーム終盤のエロ度は察して下さい・・・・

max_rinn_003.gif
max_rinn_004.gif
max_rinn_005.gif
max_rinn_007.gif

一応ジャンルはRPGという事になっていますが、マップは狭く、全快の泉が各フロアにあり、敵からは確実に逃げられ、さらに経験値の概念が無いなど、本格的なRPGを求める人からすれば微妙なタイプのゲームだと思います。
ですが、ゲーム時間を長引かす為のレベル上げやお金集めなどを完全に排除し、単にHのみに特化したRPGというのも新鮮で良いモノです。
「RPGは長くて面倒くさい」って人も取っ付き易そうですしね。
ちなみにこのゲーム、約1時間で完全クリア出来ますよw

ただ、あまりに簡単と調子に乗って適当にプレイしていると・・・・・

最上階の在り得ないトラップ
max_rinn_008.gif

最上階のこのトラップに掛かってビックリする事請け合いです。



帰り道は危険がいっぱい

kaerimichi_001.gif
■D.O.■90年5月発売■7800円

朝倉沙織、ボクはこの名前を永遠に忘れる事はないだろう。
彼女と初めて出会ったのは去年の真夏、クラブ活動が中止になり、いつもより2時間も早く家路についた時の事だった。
たまたま他校の生徒と下校時間が被ったボクは、お嬢様学校として有名な『セントポーリア女学園』の生徒の中で初めて彼女を見かけ、その可憐な美しさに魅せられてしまった。
後々知った事なのだが、彼女はセントポーリア女学園の理事長の一人娘で、その一人娘に変な男が近づかぬ様に、理事長の命により各部活動の部員がガードしていると言うのだ。
彼女と出会うのは生半可な事ではない、それでも彼女にもう一度会いたい。
その一心でボクはセントポーリア女学園へ向かった・・・・


D.O.のデビュー作で、1988年にアダルティンから発売された「ときめきスポーツギャル」のキャラクターを再登場させたRPG。
3DのHRPGが多かった中、HRPGには珍しくドラゴンクエストの様なフィールド探索型で、街中をウロウロしている女の子に遭遇すると戦闘になります。

kaerimichi_002.gif
kaerimichi_003.gif

セントポーリア女学園の色々な部活動に所属する生徒が敵なので、もちろん全て女の子です。
30以上の女の子が登場し、中には「飛び込み部」という訳のわからない部活動に所属する女の子も。
そして女の子との対戦中、女の子の体力を半分以上奪うと服をちょっと脱がす事ができ、女の子を倒すと襲いかかる事が出来ます。
ただ注意しなければいけないのが、女の子を倒した後のHシーンをじっくり見ているとENEG.ゲージがドンドン減っていき、0になると「見惚れてしまった・・・」とゲームオーバーになってしまいます。
カオスエンジェルズとはまた違ったバイタリティゲージみたいなモノですね。

バレーボール部の草加輝子(てるちゃん)
kaerimichi_004.gif
kaerimichi_005.gif
卓球部の石田千里(ちさとちゃん)
kaerimichi_006.gif
kaerimichi_007.gif

じっくりHシーンを見るには、図書館や本屋で本を手に入れておけば普段より長く見れます。
それでもENEG.ゲージは絶対に減ってしまうので、Hシーンを見る前に少林寺で座禅を組んだり、爆走ラッタッタお姉さんに会ったりとENEG.ゲージを増やしとかなきゃダメですが。

kaerimichi_008.gif

全体的にコミカルな雰囲気で簡単に思えるかもしれませんが、実はこのゲームは意外に現実的なシビアさを持った良作だったりします。
女の子を捜している高校生が宿屋に泊まる訳がないので、体力を回復させるには牛乳やケーキなどを食べるしか方法がなく、その体力を回復させるはずの牛乳やケーキを食べてお腹の調子を崩す場合も。
その時は薬屋に行って薬を買う必要があります。
それと、女の子倒しただけではお金を手に入れる事は出来ず、女の子が落とす部活用品を質屋に持って行き換金しなければいけません。
レベルアップも警察署で訓練を受けなければ強くなりませんしね。
こんなバカなノリがレトロエロゲーって感じで良くないですか?



ドラゴンナイトU

dr2_001.gif
■elf■90年12月発売■7800円

「ふぅ・・・・」
タケルは重い足を上げ、またシャーウッドの森を歩き出した。
「なんで俺がこんな事をしないといけないんだ、バーンの奴め・・・・」
不満そうな顔で森の中を進むタケル。
どうしてこんな事になったのか、それは昨日酒場で出会った商人バーンとの飲み比べに敗れ、掛け金を支払う事が出来なかったからだ。
言ってしまえば自業自得である。
「掛け金をチャラにするとはいえ、自分の行きたい所と反する所に行くのは気に食わないな。しかし儀式に使うとか言っていたが、一体この袋には何が入ってるんだ?」
タケルはその袋の中身をフェニックスの町の長老に渡す様バーンに頼まれたのだ。
ただ、バーンは袋の中の物が何か、また何の為に使うのかをタケルに教えようとはしなかった。
「おっと、見えてきたぞ。あれがフェニックスの町か・・・・」
漸くフェニックスの町に着いたタケルだったが、まさかこの町で再び思いもよらぬ戦いに巻き込まれる事になろうとは、未だ知るよしもなかった・・・・


エルフのドラゴンナイトシリーズ第2弾。
前作と同じ3DダンジョンRPGに、今作からパーティ制が導入されゲーム性が一段とアップ。
エルフのゲームに外す事の出来ない蛭田節のギャグもバッチリです!!

dr2_002.gif
dr2_003.gif

登場する敵キャラクターは全て、魔女メサーニャに呪いをかけられたフェニックスの町の女の子。
女の子を倒すと着ている服が破れ、女の子は逃げて行ってしまいます。
タケルの太刀筋はエロに特化してるって事なんですかね?

ヘイジ
dr2_008.gif
dr2_009.gif
ハーピー
dr2_010.gif
dr2_011.gif

こんな感じで女の子モンスターも多く、戦闘だけでもHなシーンを沢山見る事が出来るのですが、流石エルフ、こんなモンではありません。
ダンジョンの中にメサーニャによってばら撒かれてしまった教典を集め、その教典にかかれた女の子モンスターの呪いを解くと、その女の子がお礼をしに来てくれます。

マミーの呪いを解く教典の1ページを発見!!
dr2_015.gif
さっそく女の子の呪いを解いてあげましょう
dr2_004.gif
どうやら気が付いた様です
dr2_012.gif
宿屋に戻るとさっき助けた薬屋の娘イブが・・・
dr2_013.gif
後はそんな感じで・・・・
dr2_014.gif

こんな感じで全ての女の子モンスターにHシーンが何個も用意されてる贅沢仕様。
ストーリーもまとまっていて、且つHも多い、良作メーカーのエルフらしい作品です。
間違っても、設定や女の子モンスターの種類などが似ているからといって、『エルフ版カオスエンジェルズ』なんて言ってはダメダメなのです。



以上、『女の子を倒して脱がせる』設定のHRPGの紹介でした。

昔はこういった敵キャラクターの一部もしくは全部が女の子ってゲームが多かったですが、エロゲーもストーリー重視になっていくにつれて段々減っていってしまいました・・・・・残念な話です。
やっぱ、シリアス路線には組み込みにくい設定だったのかな?
でも、個人的にこの手の設定の完成形だと思っている『闘神都市(特に2)』は、この手の設定を使いながらもシリアスなストーリーを上手くまとめてた様に思うんですよ。
闘神大会を優勝した後のストーリーは衝撃的でしたし。

それにしても、何でPC-98ゲーム全盛期には良作の多かったRPGというジャンルがココまで少なくなってしまったんでしょうかね?
その昔、一般PCゲーマーに「エロゲーにも面白いゲームがあるんだ」って認知させたと言われてる『ドラゴンナイト』だってRPGだった訳ですし、今一度「このHRPGはエロゲー史上の名作だよ!!」ってレベルのHRPGが出てほしいなぁ・・・・・
まぁ、ユーザーが萌えたり泣いたり出来るAVGを求めてる訳だから期待薄でしょうけどね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。