sub_001.jpg


2007年09月15日

【PC98版】 ウォーターフロント・アドベンチャー

1990年4月26日にHARDから発売されたアドベンチャーゲーム。

wfa_003.gif
発売元/HARD
定価/3800円


当時ブームだった(らしい)ウォーターフロントを題材にしたアドベンチャーゲーム。
1989年に実際にあった横浜博覧会が舞台となっていますが、もちろんパビリオンの名称等は微妙に変更されています。



ただいま開催中の横浜博で、主人公の彼女エミが謎の男Mr.Hにさらわれてしまった。
Mr.Hの要求は女の子の使用済みパンティ10枚。
主人公は彼女を救出するため、横浜博の会場へと向かい様々なブースにいるコンパニオン達から着用しているパンティを言葉巧みに奪っていく事を決意するのだった。

wfa_128.gif wfa_004.gif wfa_122.gif

会場近くの横浜駅に着いた主人公。
天気が良くて、普段ならまったりとした気分になろうというモノですが、今日は彼女を救うために10枚のパンティを強奪するという難題をこなさなければなりません。
主人公からすれば、今日の横浜博は云わば戦場。
「これは犯罪じゃない、彼女を救うためのれっきとした大義なんだ!!」と自己暗示をかけ不安を解いていると、どことなく力が溢れてきます。
そんな偉大なHENTAIパワーを得て、会場へ向かうゴンドラ乗り場に行くと、男ばかりのムサ苦しい中に女の子を発見!!
どうやら女の子も行き先は同じの様子。
都合の良い事に、ここに来る前に拾ったゴンドラ無料搭乗券が二枚あります。
ただ、搭乗券は一枚500円、遠足のお菓子並みの価格。
「ナンパには弱すぎるか?」と思いつつも、無料搭乗券をエサに女の子を誘うと、とても嬉しそうにOKしてくれました。
「安い女の子だな・・・」と思いながらも、二人を乗せたゴンドラは横浜博の会場へと進んでいきました。

wfa_124.gif wfa_125.gif wfa_127.gif

ゴンドラに乗って暫くした頃、主人公に天の声が・・・・
『ユー、襲っちゃいなYO!!』
よく考えてみれば、パンティは誰のでも良い訳ですし、ゴンドラがある程度進み、周りに誰も居ない今なら強奪する事も可能・・・・
もうそろそろ目的地も到着してしまいますし、やるなら今しかありません!!
「ここしかないッ!!」
そう言いながら女の子の体に手をやった瞬間、主人公の頭部にもの凄い衝撃が・・・・・
何と、女の子が必死に抵抗し、主人公の頭に向けて鉄パイプを振り下ろしてくるのでした。
自業自得とは言え、正直シャレになりません。
しかし、ココで引いてしまっては叩かれ損。
鉄パイプをマトモに喰らいながらも、主人公は一歩も引かず襲い続けます。
熾烈なパンティ争奪戦を制し、赤いパンティをGETした主人公は、逃げる様にゴンドラを後にし、やっとの事で目的地の横浜博の会場に到着するのでした。

wfa_129.gif wfa_131.gif wfa_132.gif

早速入場券を購入し、各パビリオンのコンパニオン探しです。
まずは一番近くの『松上館』へ向かう事に。
すると、タイミング良く松上館のコンパニオンの女の子が立っていました。
取り合えず話しかけてみるものの、いまいち主人公の話に興味を持ってくれません。
こんな調子ではパンティを手に入れるのに時間がかかり過ぎてしまいます。
何かキッカケは無いかと頭を働かせていると、『ジャンケンをして主人公が勝った場合はタダでパンティを、主人公が負けた場合は2000円でパンティを買い取る』という、ドッチに転んでもパンティが手に入るギャンブルを思いつきます。
しかし、女の子からすればあまりにもメリットのないギャンブル。
そうそう引き受けてはくれないだろうと考えていた主人公の思いとは裏腹に、ギャンブルというゲーム性に興味を持った女の子はノリノリでOKを出してくれました。
どうやら、この女の子も頭が弱い様子。
女の子の気が変わる前に、ジャンケン勝負開始です!!

・・・・・やはり運否天賦のジャンケン、横浜博に着く前からパンティを奪う事が出来た主人公に運の流れは来ていたらしく、あっさりと勝利し、女の子が穿いていた黄色いパンティの奪取に成功。
順調にパンティの数を増やしつつ、今度は『MEC W&Cパビリオン』へと向かう事にしました。

wfa_134.gif wfa_026.gif wfa_027.gif

『MEC W&C』に着くと、コンパニオンの女の子がお客の対応をしていました。
何でも答えてくれる女の子を見た主人公は、客のフリをして「パンティを下さい」と言ってみるも、当然の事ながら完全無視を決め込まれてしまいます。
「何とかして女の子から自主的にパンティを脱がざるを得ない状況を作る事は出来ないだろうか・・・・」と考えていると、長時間立ち仕事で休憩も取っていない女の子を何かしらで驚かせ失禁させる作戦を思い付きました。
「これで行こう!!」
そうと決まれば善は急げです。
休憩に入る前の女の子をジェットコースター乗り場に誘い出し、何度も何度も乗っていると、急に女の子の様子がおかしくなりました。
どうやら作戦は成功した様です。
作戦が上手くいき上機嫌な主人公は、紳士的に汚れたパンティの処理を買って出ましたが、女の子は頑なに脱ごうとはしません。
埒があかないと感じた主人公は、結局女の子からパンティを強奪。
無事(?)水色のパンティを手に入れる事に成功しました。
順調に3つのパンティを得た主人公は、4つ目のパンティを求め、横浜博内のパビリオンを片っ端から回っていくのでした。


10枚のパンティを得る為に奔走する主人公。

wfa_047.gif wfa_077.gif wfa_083.gif

しかし、女の子達もガードが固く一筋縄ではいきません。
道端に落ちていた芸能人のサイン色紙で女の子を釣ったり、パビリオンの女の子を人気の少ない所へ連れて行くために、わざと商品を万引きをしたりと、主人公の行動も多様になってきます。

wfa_089.gif wfa_055.gif wfa_111.gif

そして、パンティを10枚集め、Mr.Hと対峙する主人公に襲い掛かる最後のどんでん返し。
主人公は、彼女のエミを無事救出する事が出来るのか!?

wfa_097.gif wfa_098.gif wfa_099.gif



1990年はエロゲーでもストーリーがしっかりしたゲームが多いのに、コレは何というか『バカゲー』としか言えない内容。超80s風味。
つーか、この時期にまだフロッピー1枚という規模の小ささも寂し過ぎです。
翌月に発売された『ランス2 -反逆の少女たち-』は6枚組なのになぁ・・・・

でも、決してダメな部分ばかりじゃなく、この『ウォーターフロント・アドベンチャー』は、ハッピーエンドが2種類あるという、当時では珍しいマルチエンディング方式を取ってるんですよね。
89年の11月に発売され、エロゲーのマルチエンディング方式の元祖と言われる『天使たちの午後V 〜リボン〜』で、ちょっとずつエロゲーにもマルチエンディング方式が流行って来ていたんだろうけど、フロッピー1枚でマルチエンディングをやってるゲームは、多分コレだけなんじゃないかな?
でも、最初の【ゴンドラに乗る】か【シーバスに乗るか】でほとんどエンディングが決まってしまうので、マルチエンディングと言うには弱いかもしれませんw

あ、最後になりましたが、実はこのゲーム全然エロくありませんよ?w

wfa_119.gif wfa_110.gif
posted by hisabilly at 02:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC-98エロゲー>あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

【PC98版】 イミテーションは愛せない

1989年1月1日にグレイトから発売されたアドベンチャーゲーム。

imitation_01.gif
発売元/グレイト
定価/6800円


ストーリーは二の次だったアダルトゲーム業界が、この『イミテーションは愛せない』を境にストーリー重視の作品を多くリリースする様になったとまで言われる(真偽は不明)、ある意味ターニングポイント的な作品。

近未来の日本が舞台となっている。

ネタバレ注意


20世紀後半、人類は過去に類を見ない絶滅の危機に直面した。
その危機は女児の出生率低下という形で現れた。
その後も女児の出生率は下降線を辿り、数年後には女児出生率が完全にゼロになってしまう。
各国政府は当時の医療技術を駆使し女児の出産を目論むも、ことごとく失敗。
ヒトという種を地球上から絶滅させまいと世界中で研究が進められた結果、ついにバイオテクノロジーが人間を有機的に合成する事に成功する。
それに伴い、世界各国の研究機関が女児の生産を開始した。
それが人間と寸分変わらぬ、I・W(イミテーション・ウーマン)と呼ばれる人型生物だった。
しかし、彼女達が生産された数ヵ月後に女児出生率が回復の兆しを見せ、I・Wは生まれてすぐにその存在価値を失い、生きたダッチワイフとしての生活を余儀なくされた。
結局女児出生率の減少に関しては分からず仕舞いだったが、この出来事は女性の社会的地位を向上させる事となり、5年前女性初の総理大臣が誕生。
容姿端麗で従順なI・Wを疎ましく思った首相・戸威龍子は「I・Wが存在する事自体が女性に対する侮辱だ」と『I・W根絶』を宣言し、日本中でI・W狩りが開始された。

imitation_03.gif imitation_99.gif

首相の懐刀として知られる内閣調査室長から呼び出しを受けたコードネーム"D"。
新宿歌舞伎町で複数のI・Wの目撃情報をがあり、腕利きI・Wハンターである"D"がその処理を任される事となる。
そして、調査室長秘書であり"D"の恋人でもある山下秋からI・W狩り用のアイテムを受け取り、早速歌舞伎町へと向かった。

imitation_112.gif

I・Wの潜伏先は大体察しがつく。
社会から必要とされていないI・Wが生活するには、容姿端麗という利点を最大に活かし、体を売るしか方法がないからだ。
人間のエゴにより、こういった生活を余儀なくされた罪のないI・W達を哀れに思うハンターも多いが、"D"に限ってはI・Wを処理する事に微塵の罪悪感すら持った事はない。
その人とは思えぬ非情さこそが、"D"が「腕利きのハンター」と呼ばれる所以である。

imitation_100.gif

歌舞伎町へ着き、I・Wの情報を金で買わせようとする下衆なアルコールジャンキーを銃で脅し、ファッションヘルス・キャバクラ・ソープランド・テレクラの4店に潜伏しているらしいという情報を得た。

imitation_40.gif imitation_50.gif imitation_101.gif

まず、ファッションヘルス『ガールズ パラダイス』、キャバクラ『G.R.E.A.T』、ソープランド『少女遊戯』の3件の女性達を調べる事にした。
しかし、姿が人間と全く同じI・Wを見た目だけで判別するのは不可能。
検査機を使用すれば楽に確認出来るのだが、人間には人権がある、むやみに検査を行なう事は出来ない。
結局どの女性からもI・Wだという証拠を得る事が出来ず、他の情報を求めテレクラ『エンジェル・コール』へ向かった。

imitation_102.gif imitation_103.gif

2週間前に潰れたはずの『エンジェル・コール』店内は、何故かつい最近まで使用されていたと思われる痕跡が残されていた。
ここでI・Wが生活をしている可能性が高そうだ、そう思っていると突然電話のベルが鳴り出した。
受話器を取ると、「雪子、歌舞伎町でのI・W狩りに気を付けて!」と慌てた様子で女性が話し始めた。
どうやら受話器を取った"D"の事を、"雪子"というI・Wと勘違いしているようだ。
思いがけない所でI・Wの情報を得た"D"だったが、電話の切れる直前に、受話器の向こうで鳴っていた電子音が気に掛かっていた。
「どこかで聞いた音だ・・・」そう思っていると入り口付近から微かな物音が。
銃を構え威嚇すると、物陰から『雪子』と名乗る女性が現れた。
彼女がI・Wの"雪子"に間違いないだろう。

imitation_104.gif imitation_57.gif imitation_105.gif

検査機という名の拷問器具を使用し、雪子をI・Wと断定する。
I・Wと断定された者は、I・W法により投薬での安楽死を選ぶ事が出来るが、もしそれを拒めば処理方法はI・Wハンターに委ねられる。
命乞いをする雪子だったが、I・Wの処理を「害虫の駆除」程度にしか考えていない"D"にとって、全く無意味な行為だった。
そして裸のまま逃げ出そうとした雪子に、"D"は少しの躊躇もなく銃を放ち、雪子は後頭部を撃ち抜かれ絶命した。
調査室長にI・W処理の報告をし、再び『ガールズ パラダイス』へと向かった。

imitation_59.gif imitation_60.gif imitation_62.gif

『ガールズ パラダイス』に着いた"D"は、女性達の尋問を始める。
雪子の死はI・Wの良い判定材料になった様で、雪子の死に動揺を隠せない"時田 美奈子"をI・Wと断定するに至った。
助かる道が無い事を悟った美奈子は、自ら安楽死を選び、眠る様に死んでいった。
"D"は、美奈子の大切にしていた十字架はI・Wの燻り出しに利用出来ると考え、死体から十字架を奪い、そのまま『少女遊戯』へ向かった。

imitation_64.gif imitation_72.gif imitation_73.gif

"D"の思惑通り、『少女遊戯』の女性達は「美奈子の十字架」というエサに見事に食いついた。
"D"は3人にI・W容疑をかけ拷問で自白を迫ったが、失禁や嘔吐をしながらも頑なにI・Wという事を認めなかった。
しかし検査機の結果や、オーガズムを感じる事の出来ないI・W用のSEXテストの結果も陽性だった為、もはや彼女ら自身が認めずとも処分は確定事項なのだ。
3人は半ば狂乱しながら逃げ出したが、すぐさま"D"に頭を撃ち抜かれ、涙を流しながら息絶えた。
抵抗さえしなければ眠る様に死ねたものを・・・・

imitation_75.gif imitation_79.gif imitation_81.gif

I・W処理を終え店を出ようとすると、『少女遊戯』のオーナーが散弾銃を構え"D"を狙っていた。
どうやら子供の居ないオーナーは、彼女達をI・Wと知りつつも本当の娘の様に可愛がっていたらしい。
しかし、I・Wを擁護する者は例え人間だとしても許されない。
"D"は、激昂し我を忘れたオーナーの腹部を狙い、銃の引き金を引いた。
腹部を撃ち抜かれたオーナーは、最後の力で床を這い、彼女達の死体に寄り添い息絶えた。
"D"は一日に5体ものI・Wの処理に成功した事に満足し、調査室長に連絡を入れ、本日の任務を打ち切り、秋の待つアパートへ戻る事にした。

imitation_106.gif imitation_82.gif imitation_85.gif

アパートに戻ると、秋が夕食を作りながら"D"の帰りを待っていた。
仕事の話をしながら夕食と摂り終え、2人はベッドルームへ。
"D"は、必要以上にI・Wの話をする秋に違和感を覚えながらも、いつもより激しく愛し合った・・・・
翌日、調査室長への報告を兼ね、早朝から秋と共にオフィスビルへ向かう最中、秋からオフィスで見せたい物があると聞かされる。

imitation_86.gif imitation_87.gif imitation_90.gif

室長室に向かったが、どうやら室長は会議中らしく、時間を持て余した"D"は秘書室へ秋を誘い、彼女を抱き寄せた。
すると同時に、どこかで聞いた電子音が秘書室に鳴り響いた。
この音は、間違いなく『エンジェル・コール』の受話器から聞こえた電子音と同じ物だった。
そう、彼女がI・W達にハンターの情報を流していた張本人であり、彼女もまた人類が作り上げたI・Wだったのだ。
今まで秋に騙されていた事を知り逆上した"D"は、I・Wである秋を処理しようと銃口を向けるが、「もう一つの真実を伝えたい」という秋の言葉が気になった"D"は、一旦銃を下ろし、「もう一つの真実」という物を聞いた後に秋の処理を行なう事にした。

imitation_91.gif imitation_92.gif imitation_94.gif

秋がPCを操作すると、調査室長や首相など、国のトップクラスの人間が揃った会議の模様が映し出された。
朝、秋が"D"に見せたかった物とは、この映像の事だった。
会議では、同情心や道徳心を持ち合わせていないイミテーションの試作体の成果を話しあっており、その試作体を"コードネームD"と呼んでいた。
それはまさに"D"の事を指すものだった。
なんと"D"もI・W同様、女性の性的欲求を満たす為だけに製作されたイミテーションの試作体だったのだ。
その事実を知った"D"は愕然とした。
今まで自分を人間だと思い込み、同種だったI・Wを無数に処理していたのだ、命乞いすら聞き入れずに・・・・
"D"は自害を決意した。

imitation_108.gif imitation_110.gif imitation_98.gif

しかし、秋は"D"の自害を望んでおらず、テロリストとしての高い能力を持つ"D"に、今まで人間から逃げるだけだったイミテーションが、初めて自由を求め人類へ宣戦布告をする、その復讐の先兵となり、共に戦う事を求めた。
もはや戦うという選択しか残されていない"D"は、今まで自分を騙していた人間達を恨み、己の命が尽きるまで人間を虐殺する事を誓うのだった。
そして、"D"が会議室に居た首相や室長を皆殺しにした事により、イミテーション対人類の火蓋は切って落とされる事となる。
この戦いの行方がどうなるのか誰にもわからない、ただ"D"は単に同情心を持たずに片っ端から人間を殺していけば良い、簡単な事だ。
それこそが、人間が作り上げた"D"の能力なのだから・・・・・

imitation_95.gif



ストーリーや設定の良さが光るものの、とにかく主人公が酷過ぎます。
このゲームくらい主人公に感情移入が出来ないゲームは珍しいんじゃないかな?
オチがあるから主人公の酷薄な部分も救い様があるけど、最後までプレイしてないと、ある意味トラウマ物ですよw

後、『THE 4th UNIT』などで有名なデータウエストが1896年に発売した『イミテーションシティ』のアダルトリメイク作品らしいです。
『イミテーションシティ』はプレイした事ないけど、ネットのレビューとか見てると、何かあまり評価が良くないみたいですねw

今回は何となくストーリーを最後まで紹介してしまったけど、今度からは簡単に紹介しようと思います。
アレです、文章の構成力のないオレに長文は辛いのですw

つーか、このブログを書く前に【エロゲのストーリーを教えてもらうスレまとめwiki】っサイトを読んでたんだけど、ココの『イミテーションは愛せない』のストーリーって、違うゲームのストーリーが混じってる様な気がするんですが・・・・
posted by hisabilly at 07:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | PC-98エロゲー>あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

【PC98版】 あっぷる・くらぶ 2

1988年9月8日にフェアリーテールから発売されたテーブルゲーム。

appleclub2_18.gif
販売元/フェアリーテール
定価/3800円


前作の七ならべとは打って変わって、今回は一対一のドンジャラ対戦です。
日本の昔話をモチーフにしているらしく、女の子や音楽もソレっぽい感じ。
牌の絵柄や役も昔話にちなんだ物になっていますが、まず説明書などを読んで牌の種類と役を把握しておかないと、確実に訳がわからなくなりますw
特に「花咲じじい」と「犬」は絶対見た目じゃわかりませんw

あっぷるくらぶ2.gif 対戦相手の3人の女の子(アニメーションgif)

前作は最下位の女の子が脱ぐというシステムだった為に、自分の思った女の子を脱がす事が出来ませんでしたが、今回は対戦相手を指定する事が可能になったので、勝ちさえすれば確実に脱がせる事が出来るようになってます。

appleclub2_01.gif 対戦相手選択画面

ちなみに、このドンジャラは点の奪い合いではなく、どちらかが先に60000点を取れば勝ちというルールになっていて、まず5000点で立ち絵、それ以降15000点、25000点、35000点、45000点と脱いでいき、最後に60000点でゲームクリアとなります。
でかい役を狙って一気にたたみ掛けましょう!

appleclub2_momoko.gif 今回も5回脱がせて勝利です!(アニメーションgif)

もちろん今回も、女の子の画像より手の込んでるプレイヤーの脱がされっぷりを見る事が出来ます。
ムダな感じもしますが、昔のエロゲらしくて良いんじゃないかとw

appleclub2_04.gif appleclub2_15.gif 前作より若くなってる?

役も昔話らしく、花咲じじい牌で染めた『ザ・花咲じじい』や、かぐや姫牌で染めた『ザ・かぐや姫』などわかり易いモノから、桃太郎と金太郎と浦島太郎を3枚揃えた『三太郎伝説』など一風変わったモノなど様々。

appleclub2_10.gif appleclub2_07.gif

他にもエロゲらしく、亀と姫を3枚揃えた『快楽的行為』や、姫と亀と花咲じじいを3枚揃えた『禁断の行為』など、「昔話関係ないじゃん!」と言わんばかりの役もw

appleclub2_12.gif

とにかく姫と亀の牌は色々な役に応用出来るので、持ってて損のない牌です。
姫は3枚あるだけで『ザ・姫』って役が付きますしね。


今回の『あっぷる・くらぶ 2』でも以前発売された別売りデータ集を使う事が出来るので、合計33人の女の子と対戦出来る様になります。
キャラの多さだけで言えば『エルフ雀』みたいな感じですねw

あっぷるくらぶ 別売りデータ集 #2_1 日本の夏・ゆかた、着物編.gif 第3作目 『日本の夏・ゆかた、着物編』(アニメーションGIF)

麻雀を題材にしたエロゲが多かった中、ドンジャラを題材にした『あっぷる・くらぶ』は目の付け所が違うなぁって思うのですが、正直言ってあまり面白くないのですw

刻子と頭の組み合わせでしか上がりのないドンジャラは、自分の待ちと相手の待ちが同じになる事が多く、かなりの確立で流局を迎えます。
それと役が揃え辛く、例え上がっても1000点しか貰えない『役なし』で終える事もしばしば、ゲームクリアの60000点まではかなりの道のりです・・・・・
終盤で逆転された時はディスクを割りたくなりますよ、ホントにw

でも、シンプルなゲーム性でとっつき易い部分は良いと思います。
まぁ、もし麻雀版が出ていたなら間違いなくプレイしなかったでしょうけどねw
posted by hisabilly at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC-98エロゲー>あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

【PC98版】 Apple・Club 1

1988年6月8日にフェアリーテールから発売されたテーブルゲーム。

appleclub1_01
販売元/フェアリーテール
定価/3800円


女の子3人とプレイヤーを含めた4人で七ならべをし、5回戦の合計ポイントで最下位の人が脱いでいくという、脱衣七ならべ。

あっぷるくらぶ1 対戦相手の3人の女の子(アニメーションGIF)

結局『女の子vsプレイヤー』の3対1の対戦になってしまうので、配られたカードが悪ければ、1枚も出せずに終了してしまう事もしばしば。
やはり昔のゲーム、難易度もバカになりませんw
ですが、配られたカードさえ良ければ、たとえ3人がかりだろうと楽勝♪

appleclub1_09 ずっとオレのターン!

そして、プレイヤーが2位の時は最下位の女の子を1枚脱がせられ、1位の時は最下位の女の子を2枚脱がす事が出来ます。
この辺りはプレイヤー寄りの親切ルールですね。

appleclub_nito.gif 5回脱がせて勝利です!(アニメーションGIF)

もちろん、最下位を取ればプレイヤーだって脱がされます。
5回最下位を取ると全部脱がされてゲームオーバーです。

appleclub1_08 appleclub1_17 とにかく情けない・・・・スマートじゃないね

何故かプレイヤーの脱衣の方が力が入ってるんだよねw
つーか、プレイヤーの脱衣シーンを収録出来るなら、もう一人女の子を増やす事も出来たんじゃないの?w

この他にも、違う女の子と対戦出来る『別売りデータ集』が10作発売(PC98版は1本に2作収録)され、対戦出来る女の子は合計33人に。

あっぷるくらぶ 別売りデータ集 #2_2 隣のお姉さん編 第4作目 『隣のお姉さん編』(アニメーションGIF)

まぁ、絵が変わるだけなんで、1枚1500円(PC98版は3000円)を安いと取るか、高いと取るか・・・・

ちょっとプレイするのに面白いゲームなんで、今もたまにやってます。
こーいうシンプルなゲームは、一度始めると止め所が難しかったりするんだよね。
知らない内に何十戦もやってたりw
posted by hisabilly at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | PC-98エロゲー>あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする