sub_001.jpg


2007年08月10日

ファミコン版 俺的クソゲーランキング 【オールゲームカタログ1991編】

今回は、以前紹介した『オールゲームカタログ 1991』に載っているファミコンソフトで、見事に1つ星を取った『クソゲー』だけを集め、独断と偏見でランキングを作ってみました。
1つ星のゲームは912本中で30〜40本くらいあるんだけど、どのゲームも操作性や内容を含め、かなりヤバめの作品だらけですw
ちなみに、実際には『クソゲー=バカゲー≠駄作』と使われてますが、ここでは『クソゲー=バカゲー=駄作』の意味も含んで書いています。
「コレはクソゲーじゃねーよッ!」ってゲームも混じってるかもしれませんが、個人的主観って事で許してやって下さいw

それでは、10位〜1位まで一気に・・・・・どぞッ!!



第10位 忍者COPサイゾウ


忍者copサイゾウ_01.gif 忍者copサイゾウ_02.gif
■九娯貿易■89年11月17日発売■5900円■カートリッジ■アクション

幼児誘拐事件の解決を依頼された特務刑事のサイゾウが、敵のアジトへと乗り込んでいく。
武器は手裏剣と刀のほかに、10種類の忍法を使用可能。全6ラウンドを戦う。

良い所:おもしろい忍術。サイゾウの愉快な動きワクワクする設定。アドベンチャー要素。
悪い所:メッセージ表記が全部カタカナで読みにくい。ありきたりで工夫のないゲーム内容。
(オールゲームカタログ1991 P51より抜粋)

所長からの電話で、初めて息子が誘拐された事に気付く主人公サイゾウ。
ミッションに失敗してブツブツ独り言を言ってるサイゾウより、誘拐されながらも敵情報をステージ中に残してくれる息子の方がよっぽど頼りになりますw
正直、豊富な忍術を駆使しながら進むアクションとして決して悪くはないんだけど、何より忍者ゲーなのに全く爽快感がなくて全体的にトロい。
何となく『忍者龍剣伝』をパクろうとして失敗した感じ。
後、最初に所長が「今回の犯人はマヌケで(ry」とか言ってますが、人の事は言えない位、所長もサイゾウもかなりのバカですw



第9位 ロストワード・オブ・ジェニー


ロストワード・オブ・ジェニー_00.gif ロストワード・オブ・ジェニー_01.gif
■タカラ■87年3月25日発売■5500円■カートリッジ■アクション

女の子に人気のお人形さん『ジェニー』が主人公。BB教団に奪われたミュージカルのシナリオを取り戻すのが目的。縦横スクロールの全6面構成。

良い所:ユニークな敵キャラ。華奢なジェニー。やられちゃったポーズがかわいい。
悪い所:雑な作りでバグが多い。すぐにやられちゃうジェニー。パッとしないグラフィック。
(オールゲームカタログ1991 P84より抜粋)

全体的にバランスの取れてない激ムズゲー。
タイトルだけ見ると『萌えゲー』っぽい雰囲気が漂ってるけれど、プレイした途端『メルヘン空手ゲー』に変化。
お化けに上段蹴り、宇宙生命体に下段突き、とやりたい放題。
可愛いジェニーちゃんの姿はいずこにw
ホントにジェニーちゃんが好きでコレを買った女の子はショックだったろうなぁ。
内容は、『さんまの名探偵』の移動っぽくステージを選択し、『うる星やつら ラムのウェディングベル』っぽいアクションを進めていく感じ。
訳わからないかもしれないけど、ホントにそんな感じなんですw
まぁ、肝心のアクション面が『うる星やつら』っぽいなら、良作にはなり様がないんですけどねw



第8位 鉄腕アトム


鉄腕アトム_01.gif 鉄腕アトム_02.gif
■コナミ■88年2月26日発売■5500円■カートリッジ■アクション

横スクロール型。パンチやジャンプで敵をやっつけながらウランを助けに行く。3段ジャンプをすると足がジェット噴射して、空を飛ぶことができる。

良い所:ステージごとのいろんな謎解き、なぐるとでてくるメッセージ。
悪い所:夢も希望も感じさせない雰囲気。一撃で壊れてしまうアトム。チャチなグラフィックス。
(オールゲームカタログ1991 P48より抜粋)

意味のわからない謎解きや、意味不明な事を口走るキャラクターなど、かなり電波の入った内容。
雰囲気がかなり気持ち悪いです・・・・
情報を全て言い切るまで敵をボコボコにするアトム、壁に埋め込まれたウランちゃん、バズーカ一発で粉々になったアトムをブツブツ言いながら壊れる直前の格好に直すお茶の水博士など、本来勇気を与えてくれるはずの『鉄腕アトム』が絶望しか与えてくれませんw
おそらく、コナミのトップクラスの駄作じゃないでしょーか?



第7位 TAO 〜道〜


TAO 〜道〜_01.gif TAO 〜道〜_02.gif
■バップ■89年12月1日発売■5500円■カートリッジ■ロールプレイング

宇宙からやってきた魔界の帝王・ヒスターを倒し、混乱の世の中を救ううのが目的のRPG。敵との戦闘はAボタン連打、コマンド選択は漢字一文字など独特の操作方法。

良い所:オリエンタルムードたっぷりの世界観設定とグラフィック。意味ありげな会話のセリフ。
悪い所:とにかくイラつく操作性の悪さ。画面切り換えやウィンドウの開閉も遅い、単純な戦闘。
(オールゲームカタログ1991 P44より抜粋)

村人との会話の度に時間のかかるウィンドウを開かなきゃいけなかったりと、かなりのストレスを感じるゲーム。
つーか、RPGなのに村人との会話を総当りしないとイベントが起きないってどーなんですかね?
ただでさえ、村人のくだらないギャグでうんざりさせられてるのに・・・・
後、ゲームシステム以上にヤバイのが全体的に宗教的な雰囲気が強いところ。
村の名前や建物のグラフィックも異質ですが、何の脈絡もなく「今度生まれ変わった時、またボクは人間になる事が出来るだろうか・・・・」とか言ってくる少年には素で引きますw
多分このゲームを完璧にクリア出来れば、変な意味で開眼出来そうですよ?w



第6位 花のスター街道

花のスター街道_01.gif 花のスター街道_02.gif
■ビクター音楽産業■87年3月17日発売■5300円■カートリッジ■アクション

スターを夢見るふたり組の女の子(←雑誌の誤植)があこがれのホールをめざす、横スクロール型アクション。途中、プロデューサーや作曲家、カメラマンがゆくてを阻む。

良い所:斬新な設定&ストーリー。性格の違うふたりのキャラクターを操作する。
悪い所:イマイチな操作性。とんでもない発想のわりにゲーム自体はありきたり。
(オールゲームカタログ1991 P61より抜粋)

パッと見、ナムコのゲームっぽいタイトル画面に良作を期待してしまいそうですが、実際の所はかなりの地雷ゲーです。
スターに憧れて上京してるはずなのに、何故かプロデューサーや作曲家を倒してレコードを奪っていくという、斬新というよりもイっちゃってる感が強い内容。
一体この二人はスターに憧れてるのか、それともスターのレコードに憧れてるのか・・・・
ゲームシステムは、コンビの二人を同時に操作する、劣化版『スーパーマリオ』。
それも操作性がかなり悪く、特にジャンプは『アトランチスの謎』くらいクセがあるんで、落とし穴の多いステージはかなり辛い・・・・
後、特殊なクリア条件もダメっぷりに拍車をかけてます。



第5位 時空の旅人

時空の旅人_01.gif 時空の旅人_04.gif
■ケムコ■86年12月26日発売■4900円■カートリッジ■アドベンチャー

映画「時空の旅人」では敵役のクタジマ・トシトが主役。歴史上の人物の問いかけに、はい、いいえで答えていき、21世紀へと進んで行く。マルチエンディング。

良い所:同一人物でもいろいろと変化する質問。歴史の勉強になる。かっこいいオープニング。
悪い所:単調ですぐ飽きる。なかなか乗れないタイムマシンの”コイ”。意味不明のエネルギー。
(オールゲームカタログ1991 P50より抜粋)

最初に言っておきますが、このゲームはマジで最高です!!
全ファミコンソフトの中でも屈指の作品・・・・
まさに究極の『バカゲー』ですw
「やはり しぬのは こわい。おかねは いくらでも だす。たすけてくれないか?」や「おかねが ない こまった。 ひとつきかん だいみょうたちと だいえんかいしたのが わるかったと おもうか?」など、信長のヘタレっぷりを堪能する事が出来ます。
歴史だけでなく、偉人の人間性をも変えてしまうクタジマ・トシトは異常w
大勢の友人と爆笑しながらのプレイ推奨です。
でも、ゲームを楽しむという本来の目的を持ってプレイすると、ただの駄作なので注意が必要だったりします。



第4位 ミラクルロピット 2100年の大冒険

ミラクルロピット 2100年の冒険_00.gif ミラクルロピット 2100年の冒険_01.gif
■キングレコード■87年8月7日発売■4900円■カートリッジ■アクション

縦横スクロール。謎のUFOにさらわれてしまったお兄さんを救出に向かう妹が主人公。ミラクルロピットに乗り込んで、敵を蹴散らしていく。

良い所:シャカシャカ動くロピット。よく考えられたマップ構成。ロピットに乗り込む主人公。
悪い所:やはり高めの難易度。足手まといの女の子。地味な画面。キタナらしい色使い。
(オールゲームカタログ1991 P50より抜粋)

壮大なオープニングテーマの後、スケールが小さく、気持ち悪い配色のゲーム画面に飛ばされる落差の激しいゲーム。
ダメージを受けるとロピットが壊れて、中から女の子が出てくるんだけど、その女の子は「攻撃出来ない」「制限時間内にロピットに戻らないと死亡」など、『魔界村』の様な救済システムとしての役割を全く果たしておらず、プレイヤーをイライラさせてくれます。
操作性も悪く、ちょっと走るだけで滑ったり、ジャンプの軌道が微妙だったりと、重力を感じさせない動きも辛いです・・・・
まぁ、『テレパシーで兄妹が結ばれていて・・・(ry』みたいなストーリー自体、かなりの電波を帯びてるんですけどねw
ちなみにこのゲームは、オレが小学生の低学年の頃に、父親から買ってもらった初めてのクソゲーだったりします。



第3位 シャーロックホームズ 伯爵令嬢誘拐事件

シャーロックホームズ 伯爵令嬢誘拐事件_00.gif シャーロックホームズ 伯爵令嬢誘拐事件_02.gif
■トーワチキ■86年12月11日発売■5000円■カートリッジ■アドベンチャー

おなじみ名探偵ホームズが、イギリスを舞台に活躍するアクションアドベンチャーゲーム。左右スクロールの街中を移動して、事件を調査していく。

良い所:キャラクターの動きやメッセージがコミカル。7つの都市にまたがった大規模な事件。
悪い所:読みにくいメッセージ。通行人にケリをいれて金をためるホームズ。
(オールゲームカタログ1991 P34より抜粋)

推理アドベンチャーなのに、何故か森や地下道を徘徊するホームズ。
探偵なのに、人から話を聞くだけで体力が半分近く減ってしまう虚弱体質のホームズ。
何もしていないのに、街の住民から襲われる嫌われ者のホームズ。
とにかく全てにおいて理不尽です・・・・ホントにここの住民は令嬢を救ってほしいのか?w
そんなデンジャーな街ロンドンで、虚弱体質のホームズがイカレた住民に対して唯一とれる行動は・・・・
シャーロックホームズ 伯爵令嬢誘拐事件_03.gif
跳び蹴り!!

何、この暴力探偵・・・・・
そして、その蹴りを喰らって快く会話をしてくれるロンドンの人々。
どうやらこのゲームには普通の人間は存在していない様です。

それにしてもこのホームズ、ノリノリである!!



第2位 元祖 西遊記 スーパーモンキー大冒険

元祖西遊記 スーパーモンキー大冒険_00.gif 元祖西遊記 スーパーモンキー大冒険_01.gif
■バップ■86年11月21日発売■4900円■カートリッジ■ロールプレイング

全方向スクロール型のアクションRPG。主人公は孫悟空。三蔵法師とともに天竺へお経を取りにいくのが目的。パーティは5人制。時間の概念がある。

良い所:のんびりとしたゲーム展開。でっかいマップ。中国してるBGM。巨大な敵キャラ。
悪い所:めちゃトロいスクロール。チャチなキャラクター。わかりにくいゲームデザイン。
(オールゲームカタログ1991 P39より抜粋)

説明不要の超クソゲー。
ゲーム開始に表示される「ながいたび が はじまる。。」って文字は、ファミコン史に残る名言の一つですw
とにかく最初から何をして良いのかサッパリわかりません。
ワープした位置や、敵を倒した感覚など、そういった基本的な部分も全く教えてもらえません。
『自由度が高い』とは、物も言い様ですねw
友人の家にポツンと置かれていたこのゲームを、「これプレイしよーや」と言ったオレに、「かなりのクソゲーだから止めた方が良いよ。つーか、それをプレイしたいって言ったのhisabillyが初めてだよ」と止めてくれて、クソゲーマニアというレッテルを貼りやがったのも懐かしい思い出ですw
もし一度もこのゲームに触れた事がない方は、ゲームセンターCX内の企画の『もしもし大作戦』で有野課長が完全クリアしてるので、クソゲー初心者の方は必見です。



第1位 ゴーストバスターズ

ゴーストバスターズ_00.gif ゴーストバスターズ_01.gif
■徳間書店■86年9月22日発売■4500円■カートリッジ■アクション

街に集まってくるゴーストを捕まえていき、最終的に街の中心にすむ魔神”ゴーザ”を倒す。武器は9種類で値段により能力が違う。パソコンからの移植。

良い所:モダンなシティマップ面。ポップなBGM。オープニングの「ゴーストバスターズ!!」
悪い所:ゲームになってない。なにがなんだかさっぱりわからない。難易度高し。
(オールゲームカタログ1991 P29より抜粋)

堂々の第一位!!
コレは本当に酷いです。
ゲーム開始時の「ゴーストバスターズ!!」ってボロボロの音声に容量を使い切ってしまった感のあるゲーム。
内容がなく、最速で2分程度でクリアする事が出来るため、もうゲームを楽しむとかいうレベルじゃありません。
それに加えて、エンディングがバグで「りり」としか表示されなかったりと、こんなに悪意に満ちたゲームは他に存在しないでしょう。
昔、メガドライブ版『ゴーストバスターズ』の様なアクションゲームを想像して中古を購入してしまい、かなり後悔させられました・・・・
というか、こんなゲームを手に取ってしまった自分を呪いましたねw
このゲームを新品購入した人は裁判起こしても良いと思いますよ?w



個人的クソゲーランキングでしたが、いかがでしたか?
順位こそ違えど、誰がクソゲーランキングを作っても10本中2、3本くらいはこの中のゲームがランクインするんじゃないでしょうか?
まぁ、クソゲーと言っても決して楽しめない訳ではなく、ネタとしてプレイするには楽しめるゲームも多くあるし、凡作ゲームより印象に残るので「こんなクソゲーがあったなぁ〜」って友人とクソゲー談義に花を咲かせる事が出来る点においては、「結局それなりの価値はあったんだな」とも思いますね。

あ、そうそう。
「クソゲーランキングなのにあのゲームが入ってないじゃないか!!」って思った人も多いんじゃないでしょうか?
あのゲームはランキングには入らないですよ。
何てったって・・・・・



ぴかぴか(新しい)殿堂入りぴかぴか(新しい) たけしの挑戦状

たけしの挑戦状_00.gif たけしの挑戦状_01.gif

■タイトー■86年12月10日発売■5300円■カートリッジ■アドベンチャー

ビートたけしのアイデアが盛りだくさんの、奇想天外なアドベンチャーゲーム。パチンコやカラオケ、シューティングなどのヘンなシカケもいっぱい用意されている。

良い所:ビートたけしのアイデアがいっぱい入っている。主人公がビートたけし。
悪い所:何がなんだかわからないシカケ。何のヒネリもないクソ意地悪い謎。笑えない。
(オールゲームカタログ1991 P44より抜粋)



すでに殿堂入りを果たしていますw
これは他のゲームとは一緒には出来ないでしょ〜、個人的には好きなゲームなんですけどね。
歩いている市民を殴れたり、警官に殺されたり、ギャンブルが出来たりと、ファミコンながらに凄まじい自由度です。
これが海外の目に止まり、GTAの元になったとかならなかったとか・・・・・










まぁ、ならなかったんですけどね

たけしの挑戦状_02.gif

2007年08月05日

オールゲームカタログ1991 【アスキームック】

1991年4月30日に株式会社アスキーから発行されたゲームカタログ。

all_game_catalog

ファミコンが発売された1983年〜1990年末までの全てのソフトを評価付きで紹介してる、『ちょっとした資料集』って感じのムック本。
数年前にオークションで300円位で買ったんだけど、コレがなかなか面白んですよ。

1990年までに発売された912本のファミコンソフトを、1〜5つ星評価・良い所・悪い所で分けて評価を書いてるんだけど、大体のソフトが2〜3つ星しか貰えない辛口評なのですw

1990年末までに912本もソフトが出ていながら、5つ星もらってるゲームが、たった20本程。
一方、1つ星はその3倍。

取り方を変えれば、そんな駄作ですら大量に売れていた時代な訳で「ファミコンバブル恐るべし」とも言えますね。

それと、アスキーって言ったら『大手のゲームは高評価』なイメージがあると思うけど、このムックに関しては・・・・否ッ!!です。
任天堂やナムコ、コナミだって、ダメなゲームはバッサリと斬り捨てちゃってます!!
つーか、『ボコスカウォーズ』などの自社のゲームすら斬り捨ててしまう男らしさ。

次回はこのムックのレビューを集計してランキングを作ってみます。

良作ゲームのランキングを作ると『ドラクエ』や『マリオ』など、在り来たりなランキングになってしまうので、ココは敢えて1つ星しか貰えなかった【駄目ゲー】に自分の評価を加えたランキングで行ってみようと思います。

しっかし、改めてムックを読んでると「そーいやこんな会社あったなぁ」ってゲーム制作会社が大量にあって、何となく切ないですw