sub_001.jpg


2009年01月19日

大掃除だよ、エロゲー集合!!

18日ほど明けましておめでとうございます。

今年の正月はあまり飲まないと決めていたのに、結局大晦日から飲みっぱなしで、例年通りの『飲み正月』で休みを消化しました。
まぁ、久しぶりの友人と会ったり、初詣に行ったりと、色々充実した正月休みだったんですが、連休を取った分仕事が溜まっちゃってて辛いのなんのって・・・・
やっぱ長い連休は諸刃の剣ですね。

で、そんな正月休みだったので、当然の如く大掃除なんてしてる訳もなく、「取り合えず倉庫の片付けだけでもしとくか・・・」と、数日前に倉庫の片付けを頑張ってみました。

個人的に『捨てる=片付け』と思ってる人なので、倉庫内の占拠率の高いPC-98エロゲーとPC-98エロゲー情報誌を引っ張り出して、それらのスリム化を模索。
服・ゲーム・レコードはそれなりの価格で売れるから捨てる必要はないけれど、PC-98エロゲーやエロゲー情報誌は、一部を除いて二束三文ですしね。

そんな訳で、まずはデカくてかさ張る事で有名なPC-98エロゲーのプラスチックケースを全て破棄!!

PC-98エロゲーの中にも『下級生』や『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』の様に紙ケースの物もあり、さすがにケースを破るのは忍びないのでそのまま所持する事に。

これでカバーとマニュアルだけになり、かなりコンパクトになりました。

pk_s.jpg

大量のプラスチックケースは、今度クリーンセンターにでも持って行こう。


そして今度は、PC-98エロゲー情報誌の処分です。
かなり前に1997年以前のエロゲー情報誌を集めていた(結局半分程度しか集まりませんでしたが・・・・)事もあり、今ではおよそ300冊近くあるんですが、当然の如く一度読めばそう何度も読まないんですよね。
って事で、「要らないかな、コレは?」って物を全て処分する事に。

ただ、集めていた物をそのまま捨てるのは、貧乏性のオレには到底出来ない行為なので、いくつかエロゲーの広告を切り抜いておきました。
その中で有名なモノをいくつか紹介。

ps_s.jpg ah_s.jpg

pp_s.jpg rr_s.jpg

dra_s.jpg rance_s.jpg

can_s.jpg ikase_s.jpg

saori_s.jpg kajitu_s.jpg

いや〜、ケバケバしいレトロエロゲーの広告って大好きなんですよ。
今のエロゲーの広告って、ちょっとしたアートみたいじゃないですか。
何かもっとこう、「うゎ〜、色使いとか凄ぇ・・・」みたいなのが好きなんですよねw
ちなみに「『韋駄天いかせ男』って何だよ?」って人は、美紀さんのブログで詳しく紹介されていますのでソチラをご覧になっちゃって下さい。
「へぇ、電波ゲーって昔からあるんだなぁ・・・・」って思わせてくれますよ?w

そして完全に不要になったエロゲー情報誌は、週刊誌やファッション誌などで偽装しつつゴミ収集場所へ。

『PCエンジェル』『電脳通信pipi』などは表紙がHっぽくないので、偽装もせずにそのまま捨てられますが、さすがに『メガストア』みたいに露骨にエロエロしてる表紙の物を直接捨てるのは気まずいですし。
後、ちょっと変わったサイズの『PCペンギンクラブ』や『テックジャイアン』などは、『電脳Beppin』や『PCドルフィン』などのA4サイズの情報誌でサンドして、さらにファッション誌でサンドすれば完璧です。
これで、段ボール9箱分にまで減らせました!!(まだ多い)


と、まぁ、そんなこんなで倉庫の一角も片付きました。
片付け中、プラスチックケースを捨てた事で溢れてきた大量のフロッピーディスクを見て、次回のブログのネタも思い付いたので一石二鳥な片付けでしたよ。

今度はPC-98エロゲーのフロッピーネタで行こうと思います。
それじゃ、次回。部屋の片付けが済んだ後に・・・・
posted by hisabilly at 02:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | ごちゃまぜ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「へぇ、電波ゲーって昔からあるんだなぁ・・・・」って思わせてくれますよ?w

「二本の黒棒」と「しゃぶる」を連呼しているブログは見つかりましたが、結局、「韋駄天いかせ男」って、何だったんでしょうか? 謎です。

…でなくて、hisabillyさん、紹介有難うございました。


>そんな訳で、まずはデカくてかさ張る事で有名なPC-98エロゲーのプラスチックケースを全て破棄!!
あれ、めっさ邪魔ですよね。私も捨ててスッキリしました。

広告は面白いですよねー。
当時のカクテルソフトはエロゲーの水準を作ってたので、振り返ってみても良い見本です。
ここの推理物の多くが、つじつまが合ってなくて素敵です。


Posted by 美紀 at 2009年01月20日 19:35
>美紀さん

すいません、熱出して数日死んでました・・・・
『韋駄天いかせ男』は『美少女ソフトオリジナルカタログ』内でのゲーム紹介もかなりシュールでしたよ。
エロゲーで「あの時だれもが飢えていた・・・」とか言われても訳がわかりませんw

>あれ、めっさ邪魔ですよね。私も捨ててスッキリしました。

あのケースも、PC-88時代の大きさのままなら所持しやすかったんですけどねぇ。
『VIPER-CTR-』のFD版の箱見た事あります?
あのデカさはヤバいですよ。

>ここの推理物の多くが、つじつまが合ってなくて素敵です。

それは・・・もしかして『晴れのちおおさわぎ!』の事ですか?w
Posted by hisabilly at 2009年01月29日 01:47
>すいません、熱出して数日死んでました・・・・
お帰りなさいませ。

>エロゲーで「あの時だれもが飢えていた・・・」とか言われても訳がわかりませんw
物凄い出オチですよね。団塊の世代でも、ハートは掴まれないと思います。

>『VIPER-CTR-』のFD版の箱見た事あります?
>あのデカさはヤバいですよ。
40枚だか41枚だかのFDでしたっけ?
私、CD版を購入したので、実物は見た事ありません。残念。
美樹ちゃんって名前の娘がビッチだったのが、個人的にはツボでした。

>>ここの推理物の多くが、つじつまが合ってなくて素敵です。
>それは・・・もしかして『晴れのちおおさわぎ!』の事ですか?w
それ以外にも「尋問遊戯」「X-GIRL」「亜紀子」シリーズなど、登場人物の言動とストーリーが不一致なのが多かったです。たぶん社風とか芸風とか、そんなモノじゃないのかと思ってます。
Posted by 美紀 at 2009年01月29日 18:10
そうそう、40枚組のゲームですw
他のエロゲーの箱よりも二周りくらい大きいですよ。
でも、VIPERシリーズはゲームとしては駄作だったからあまり遊んでないんですよね・・・・
あ、V16は結構プレイしたかも。

>「尋問遊戯」「X-GIRL」「亜紀子」シリーズ

この3作も探偵系だったんですか?
それらはプレイした事がないから、機会があればプレイしたいですね。
そーいえば、当時はフェアリーテールの『名前シリーズ』がエグく感じて避けてたのを思い出しましたよw
Posted by hisabilly at 2009年02月03日 02:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112671590

この記事へのトラックバック