sub_001.jpg


2008年12月22日

PC-88時代の、病院を舞台としたエロゲー

以前、REVの物置さんの「病院が舞台のエロゲ」という記事を読んだ時に、ふと思ったのですよ。

「PC-88のエロゲーで、病院が舞台のモノってどのくらいあるんだろう?」と。

REVの物置さんのサイトではWin95以降(1997年〜)のエロゲーが紹介されていたので、コチラは敢えて1990年までのエロゲーを紹介したいと思います。

それでは、『病院が舞台のPC-88エロゲー』を、発売日の古い順にどうぞ!!


・・・・・あ、前回の超マイナー? レーザーアクティブのエロゲー大全集【LD-ROM2編】で言ってたMEGA-LD編は、また今度紹介しますw


では、改めてどうぞ!!



病院が舞台のPC-88エロゲー



lip_t_s.gif

lip_1.gif lip_2.gif lip_3.gif

作品名LIPSTICK #4 〜白衣の天使編〜
メーカーフェアリーテール
ジャンルCG集
発売日1987年10月
オレ's 小言
 「難しいアドベンチャーゲームをクリアしてHシーンを見るなんて手間過ぎるよ!!」って人に大人気だったHCG集。高速アニメーション処理をするCGも数枚含まれていて、ただのCG鑑賞ソフトとは訳が違います。その分CGが少なめだけど、1作品3000円と言う低価格に納得・・・・うーん・・・・出来る、かな?
 全5作ある『LIPSTICK』作品の第4作目『#4 白衣の天使編』が、病院を舞台にした作品になっています。
 ちなみに、後にキャラクターを使いまわしてシナリオをくっ付けた作品が、PC-88の名作アドベンチャー『LIPSTICK ADV』だったりします。
 『LIPSTICK ADV』でストーリーの進行に関係ない公園へ行けたりするのは、やっぱり『#1 ロリータ編』のキャラクターを出す為なんでしょうね。



hospital_t_s.gif

hospital_001.gif hospital_002.gif hospital_003.gif

作品名ザ・病院
メーカーPSK
ジャンルテキストアドベンチャー
発売日1987年12月
オレ's 小言
 いつものPSK作品とはかけ離れた、終始モノクロームな画面で進む本格派サスペンステキストアドベンチャー。
 PSKと聞いて「わぁー!病院が舞台のロリロリなエロゲーだー!」と期待して購入すると、切開した腹部や死体の写真(白黒)など、ちょっと気持ち悪くなるCGを見てげんなりしてしまう事請け合い。(もちろんパッケージ見ればエロくないのは分かっちゃうんですけどね)
 あまりHじゃないけど、病院の暗部を照らし出した、医師である作者ならではのヤバヤバな作品です。
 でも、個人的にテキストアドベンチャーなら『ロリータU』の方が良いな。
 これまたみぐぞうさんのブログで詳しく紹介されてます。



doki_t_s.gif

doki_1.gif doki_2.gif doki_3.gif

作品名ドキドキ シャッターチャンス!! 別売りデータ集 #2 看護婦編
メーカーelf
ジャンルアクション
発売日1989年2月
オレ's 小言
 2000年頃までは誰もが認めるNo.1エロゲーメーカーだったelfのデビュー作品。
 正義のカメラ小僧になって、依頼を受けた場所でHな写真を撮りまくるというアクションゲーム。
 そーいえば、どこかのサイトで読んだんだけど、この作品は蛭田社長がフェアリーテールに在籍してた頃に作っていたらしく、elfデビュー作として発売したものの、とにかく売れなかったらしい・・・・
 昔のカタログにも『ぴんきぃ・ぽんきぃ』以前の作品は表記されてなかったし、無かった事にしたい作品なのかな?
 なかなか面白いのにね。



pp_t_s.gif

pp_1.gif pp_2.gif pp_3.gif

作品名ぴんきぃ・ぽんきぃ #1 びゅーてぃふる・どりーむ
メーカーelf
ジャンルアドベンチャー
発売日1989年7月
オレ's 小言
 またまたelfの作品で、『同級生』の原型になったと言われるアドベンチャーゲーム。
 女の子との会話で好感度を上げて行き、惜しくもナンパに失敗すると「実はそれは夢だった」と、全く違うストーリーに移り変わる斬新過ぎるシステムも類を見ないですね。
 病院が舞台になっているのは、全5ストーリー中の2つ目。
 ゲーム自体はシンプルで、ただ女の子の問答に3〜7択で答えるだけなんだけど、コレがメチャ難しく、『同級生』の難しさもコレが元なら納得という感じですよ。
 『ぴんきぃ・ぽんきぃ』はelfのCD会報にも収録されていたらしいので、今ではそちらの方が手に入れやすいのかも。





以上、4作品でした。

う〜ん、さすがに病院に限定すると少ないですねぇ。
1990年までというとたくさんのメーカーが参入しているのに、4つの内2つはelfですし。
まぁ、当時は学園モノ・SFモノ以外でジャンルが統一されていたモノは殆ど無かったですし、仕方ないっちゃ仕方ないのかもしれません。

だからといって、コレだけで終わりというのも悲しいのでちょっとした番外編でも。




番外編:主人公が医者、もしくは医大生のPC-88エロゲー



my_lolita_s.gif

作品名マイ・ロリータ
メーカー光栄
ジャンルシミュレーション
発売日1985年1月
オレ's 小言
 エニックスから発売された『ロリータ・シンドローム』の続編的な作品にも関わらず、本作販売をエニックスに拒否られ、後に光栄から発売されたという、ステキな経歴を持つ作品。
 「お医者さんゴッコ」と称し、女の子の腹部を切開したり、女の子のクローンを作ったりと道徳的にマズいシーンが満載。
 治療方法などもムダに専門的で、処置を一つ間違えただけで女の子が死んじゃうとか、「お医者さんゴッコ」の域を超えてますよ・・・・
 ある意味『Life&Death ver.Lolita』って感じかな?



cp_t_s.gif

cp_001.gif cp_002.gif cp_003.gif

作品名シンデレラ ペルデュー
メーカー全流通・Studio ANGEL
ジャンルアドベンチャー
発売日1986年9月
オレ's 小言
 医科大3回生の主人公が、パソコン通信で彼女を探している最中に謎の暗号を受信し、日常生活の中で様々な人からヒントを貰いつつ、その謎の暗号を解くというストーリー。
 医科大生という設定上病院モノを期待してしまいますが、実際のところ病院には一度しか行かず、大体はアイドルのコンサートに行ったり、バーに飲みに行ったりと、初期設定完全無視な内容。

流 石 は 全 流 通 ! !




dps_t_s.gif

dps_001.gif dps_002.gif dps_003.gif


作品名D.P.S 〜Dream Program System〜
メーカーアリスソフト
ジャンルアドベンチャー
発売日1989年12月
オレ's 小言
 3つあるオムニバスストーリーの1つ『いけない内科検診』の主人公が、学園から内科検診の依頼を受けた医師という設定。
 鬼畜な主人公が内科検診中に女の子を押し倒したり、Hをした女の子を窓から放り投げちゃったりと、アリスソフトらしいコミカルさが全面に出ている作品です。
 やはり愉快な鬼畜キャラを作らせればアリスソフトの右に出るメーカーはないですね。
 今プレイするならWindowsで動く『D.P.S全部』がオススメ。でもコレ、なかなかに難易度高いですよ? 




帰ってきた番外編:唐突にナースが出て来るPC-88エロゲー



5sd_t_s.gif

5sd_001.gif 5sd_002.gif 5sd_003.gif

作品名Five Sweet Dream
メーカーGREAT
ジャンルアドベンチャー
発売日1986年8月
オレ's 小言
 5つの部屋にいる5人の女の子を1人ずつ満足させてゆくアドベンチャーゲーム。
 そのROOM4にいる、医者志望でちょっとサイコなケイコちゃんがナースの格好をしてます。
 扉を開いた先にある世界なので、もしかするとココは病院なのかもしれないけど、背景が真白なので全然わかりません。
 想像しろって事なら、あまりに難しい注文だ・・・・


bs_mc_t_s.gif

bs_mc_001.gif bs_mc_002.gif bs_mc_003.gif

作品名美少女写真館 〜スタジオ・カット〜
メーカーHARD
ジャンルシミュレーション
発売日1987年1月
オレ's 小言
 カメラマンになって、色々なコスチュームを着た5人の女の子を撮影するシミュレーションゲーム。
 3人目の和泉亜衣のみ舞台が病院だけど、CGは全2枚。
 つーか、登場キャラ5人のCGを全て合わせて全10枚。 あ、ピンボケ写真を合わせれば全20枚か。
 ボリューム自体は寂しいけれど、他メーカーでは思いつかない様なHARDらしい内容の良作です。


abs_t_s.gif

abs_001.gif abs_002.gif

作品名あぶない女性心理学入門
メーカーフェアリーテール
ジャンルアドベンチャー
発売日1987年6月
オレ's 小言
 4つのCG集の内、「ファイブトリップ」というごった煮なCG集に収録されたCG。
 一応、病院でナースでしょ?
 CG集なので、何の脈絡もなく病院のシーンへ飛びます。
 そして、オレも大した感想もなく次へ進むのでした。




以上、番外編を含めた計10作品でした。

無理矢理な番外編で数を増やしたモノの、やはり少ないですねぇ。
上に挙げた病院ゲームも、実際オムニバスストーリーの一つとして存在しているモノや別売りデータ集ばかりで、病院のみを舞台として発売された作品はPSKの『ザ・病院』のみなんですよね。
もっと言うと『ザ・病院』はエロゲーじゃないですし・・・・

やはり、1994年に発売されたシルキーズの『野々村病院の人々』以降じゃないと病院が舞台のエロゲーってのは少な過ぎですよ。
(他には、1991年に発売されたホームデータの麻雀クリニック増刊と1992年に発売されたアリスソフトのDr.Stopくらい?)

また機会があれば、1994年〜1996年に発売された病院が舞台のエロゲーを調べてみます。

まぁ、思ったより数が多ければ諦めますけどねッ!!(ダメ人間)
 
この記事へのコメント
ふむ、2.3の作品は記憶にありますね。
さすがに88のゲームをプレイしていた頃は未成年だったのでエロゲは所有していませんでしたが。
でもその辺のPCショップで普通にコピー品が安く売られt…。
Posted by FE at 2008年12月25日 05:37
今回は「ジャンル:病院&PC-8801」物ですね。
私、1987年にPC-8801mk2MRを買いましたから、今回の記事は、特に懐かしいです。

GREATの「Five Sweet Dream」って、内容知らなかったんですけど、凄い手抜きですね。最近出た「魔法少女アイ参」に負けないくらいですね。
Posted by 美紀 at 2008年12月25日 20:42
>FEさん

あ、記憶にあるソフトがありましたか?
当時を懐かしんでもらえれば幸いですよー
結構マイナーなゲーム群ですけど、elfとアリスソフトのゲームは結構有名ですよね。

>でもその辺のPCショップで普通にコピー品が安く売られt…。

今そんな事やってたら、間違いなく営業停止でしょうね、当時の規制の緩さが分かります。
まぁ、メーカーは堪ったもんじゃないでしょけどw

>美紀さん

初PCの購入時期とバッチリ被ってますね。
もしかすると、当時購入してたソフトも何本か混じってたりとか?

>GREATの「Five Sweet Dream」って、内容知らなかったんですけど、凄い手抜きですね。

『Five Sweet Dream』は当時発売されてた他作品と比べても、正直手抜きでしょうね・・・・
でも、『魔法少女アイ参』と違って【未完成品】ではないですよ?w
Posted by hisabilly at 2008年12月29日 03:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック