sub_001.jpg


2015年12月25日

エロゲー史上最強の妹萌えキャラは『同級生2』の鳴沢唯だという事を思い出させてやる!

*文字が小さくて見辛い場合は「Ctrl と +」で大きくして下さい。

前回同様、またまたちょうど1年ぶりのおひさしぶりです!
それにしても、Twitterをやってるせいなのか、ちょっとしたレトロエロゲーネタだと画像付きであちらに書いてしまうので、ホントにブログを更新しなくなってしまいましたねぇ。
やっぱりTwitterだと、反応がすぐ返ってくるってのが良いですよね。手軽だし。

あ、そういえば、ちょっと前にFC2ブログで本文中に"ロリ"って単語を含むブログの凍結祭りがあったんだとか。
"カロリーメイト"って単語なんかも凍結対象だったみたいで、とばっちりを喰らった利用者が「どうなってるんだ!?」と困惑してましたね。
多くの場合は運営に凍結解除申請をすれば復帰したそうですが、もしオレがFC2ブログを使っていたら、もしかすると凍結されっ放しになってたかも? いやいや、ホント危ないね!

ではでは、そろそろ何かしようかと考えながらも、今だに全く活用していない自分のニコニコ動画のコミュニティを貼ってから本編に入っていきますよー




もう2年ほど前になるんですが、ユーザーが自由に投票とキャラクターの追加エントリーが可能な、アニメやゲームなどの二次元キャラクターに限定した最萌妹ランキングがネット上で開催されていました。
やはり上位は、『けいおん!』の平沢憂や、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の高坂桐乃の様な、比較的新しい作品の、今でも妹キャラとして人気の高いキャラクターで埋め尽くされていた訳なんですが、"最萌妹"というタイトルながらも、ユーザーが自由にキャラクターをエントリーする事が出来たせいもあってか、『けいおん!』の中野梓みたく明らかに妹キャラじゃないキャラクターまで多数エントリーされる、単なる妹にしたい二次元キャラクターランキングになってた感の強い、実に掴みどころのないランキングでした。

そんな雑然としたランキングでしたが、古いゲームのキャラクターも僅かながらエントリーされており、「これはユーザーが自由にキャラクターをエントリーできる点の強みだなぁ」なんて思いながら下位までサッと流し読みしていたですが.....


ない! 鳴沢唯の名前がないっ!?


あ、あれ? ....平沢唯?....古手川唯?....違う、おまえらじゃない! つーか、当たり前の様に上位にランクインしてるけど、そもそもおまえらに妹要素はない!
なんと当時のエロゲーマーなら知らない者なんていないであろう....いや、むしろエロゲーマーじゃなくとも、当時の主流だったコンシューマー機(PC-FX・プレイステーション・セガサターン・スーパーファミコン)に移植された超名作なので、美少女ゲーム好きならば知らない訳がない、あの『同級生2』の鳴沢唯がエントリーされていなかったんですね。
厳密に言えば設定上では鳴沢唯も実妹でも義妹でもないんだけど、エロゲーにおける妹萌えの始祖と呼ばれているキャラクターが入っていないなんて驚きでしたよ。

nanpa2_yui_01_s.gif nanpa2_yui_02_s.gif

とは言え、当時を知らない人には、「そんな古いエロゲーのキャラクターがエントリーされないなんて当たり前じゃないの?」なんて言われてしまいそうですが、当時の『同級生2』、取り分けそのメインヒロインである鳴沢唯の人気は凄まじく、今でこそ珍しくもなくなりましたが、当時のエロゲー作品としてはあり得ないレベルのグッズ展開なんかもあり、ゲーセンでは『同級生2』の大判ポスターを景品にしたポスタードリームという大きなスロット型の筐体にこぞって100円を入れる風景なんかが見られたもんです。
そのポスタードリームは、『下級生』の作中にも登場して遊ぶ事ができましたね。

pd_s_s.gif

他にも.....って、うーん、色々と語ろうと思ったけれど、こういうモノって言葉だけでは中々伝わり辛いモノですよね。主観も入るし。
じゃあ、当時を知らない人や忘れてしまったエロゲーマーに鳴沢唯の人気を伝える(思い出させる)には何が最適かとなると、やはり当時のエロゲーマー達の声なんじゃないでしょうか?

と言う事で、引っ張り出して来たのがこのエロゲー情報誌.....

megastore_s.jpg

今も続く人気のエロゲー情報誌、メガストアです。
同じくPC-98エロゲー時代に創刊したパソコンパラダイスが2013年末に休刊し、翌年ムック本として復活を果たしたものの、またまた休刊状態に突入してしまったので、今では最も古くから続く老舗エロゲー情報誌になりましたね。
そんなメガストアの創刊は1993年3月、当初はあのニャン2倶楽部の増刊として発売されていました。ニャン2倶楽部知らないけど。
何故この情報誌を出してきたかというと、メガストアは1993年7月号から"好きな美少女ゲームキャラクター"の読者ランキングを毎月開催していたのです。



上の画像は、1993年7月号に掲載された第1回の美少女ゲームキャラクターランキング。
やはり1993年となると『同級生』のキャラクターが安定の上位独占。
ブランド別に見ると、elfが6キャラ、アリスソフトが3キャラ、D.O.が1キャラと、当時のエロゲー業界のパワーバランス的なモノまで伝わってくる様ですね。
まさにこれこそ当時のエロゲーマー達の生の声ってヤツでしょう!

それでは1993年7月号から一気に時代をすっ飛ばして、今回の目的である1995年1月31日に発売された『同級生2』のキャラクターが、初めてメガストアの"好きな美少女ゲームキャラクターランキング"にランクインした号と、その翌月号を見てもらいましょうか。


メガストア 1995年5月号



メガストア 1995年6月号




1995年5月号のランキングでは、前作で最も人気があり、『同級生2』にも再登場した田中美沙が再び1位に返り咲いた部分が目立ってしまいましたが、鳴沢唯も着実に5位にランクイン。
そして翌号では更に順位を上げ、1位の美沙に迫る2位に。
『同級生2』自体かなり難易度の高い作品なのですが、発売して1〜2ヶ月も経つとエロゲー情報誌でキャラクター別攻略なんかも掲載され、多くのプレイヤーが唯を攻略し、その魅力にハマってきた頃なのかもしれませんね。

そして、翌月1995年7月号のランキングで初の1位を獲得する事になるのですが.....

さてさて、ここから先はランキング画像だけを一気に見ていきましょうか。
当時を知ってる人も知らない人も、どうして鳴沢唯がエロゲー史上最強の妹萌えキャラなのか、これ以降の衝撃的なランキング結果を見れば否が応にも納得せざるを得ない心境になってしまう筈。
決して大袈裟に言ってる訳じゃないですよ?
鳴沢唯の人気がどれほどのモノだったか。当時のエロゲーマーの生の声を感じ取ってもらいましょう!






括 目 せ よ !



鳴 沢 唯 最 強 伝 説 の 幕 開 け だ !








メガストア 1995年7月号



メガストア 1995年8月号



メガストア 1995年9月号



メガストア 1995年10月号



メガストア 1995年11月号



メガストア 1995年12月号



メガストア 1996年1月号



メガストア 1996年2月号



メガストア 1996年3月号



メガストア 1996年4月号



メガストア 1996年5月号



メガストア 1996年6月号



メガストア 1996年7月号



メガストア 1996年8月号



メガストア 1996年9月号



メガストア 1996年10月号



メガストア 1996年11月号



メガストア 1996年12月号



メガストア 1997年1月号



メガストア 1997年2月号



メガストア 1997年3月号



メガストア 1997年4月号



メガストア 1997年5月号



メガストア 1997年6月号



メガストア 1997年7月号



メガストア 1997年8月号



メガストア 1997年9月号



メガストア 1997年10月号



メガストア 1997年11月号



メガストア 1997年12月号




以上、1995年7月号〜1997年12月号までの、まさに無双のランキング。唯無双。

1997年12月号のランキングで、遂にToHeartのマルチに首位を奪われるも、それまでの圧倒的な人気を以てして、前人未到の29ヶ月連続1位を獲得。
おそらく、これから先もこの記録を塗り替えるエロゲーキャラクターは出てこないでしょう。
まさに伝説的、もはや妹萌えの冠すら超越したエロゲー史上最強の美少女キャラクターだったのでした。
そして、その鳴沢唯を破り1位になったマルチは、健気なドジっ娘メイドロボというキャラクターで、長らくエロゲー界の人気キャラクターとして君臨する事に。
その後、多くのエロゲーマーがマルチにおしっこ属性を植え付けられるという大変な事態が起こるのですが.....まぁ、コレはどうでもいい話ですねw

いやぁ、これでどの世代のエロゲーマーにも鳴沢唯の凄さを理解して貰えた筈なので、今後また最萌妹ランキングが開催された際は、これはもう鳴沢唯の上位ランクインは間違いなし!

最萌妹ランキング上位入賞

DMMの『同級生2』ダウンロード販売爆売れ!

エルフ復活!!

同級生3発売!!!


今年は悲しいニュースしかなかったエルフには、来年はこの流れで頑張っていただきたいですね!

それでは最後に、『同級生2』の主人公であるりゅうのすけが、不可抗力で鳴沢唯の裸を見てしまい、驚きのあまり発してしまう名台詞で締めましょう。


nanpa2_yui_s.gif




じ 、 十 分 に 大 人 だ ぁ ! !




それではまた来年〜