sub_001.jpg


2012年03月12日

平野耕太氏の単行本未収録分が掲載されてる一般誌の表紙を集めてみた 【前編】

*文字が小さくて見辛い場合は「Ctrlと+」で大きくして下さい。

以前、成人誌に収録された平野耕太氏の単行本未収録作品を全て紹介した訳ですが・・・・・

平野耕太氏の単行本未収録分が掲載されてる成人向雑誌の表紙を集めてみた 【前編】(2008/02/29)
平野耕太氏の単行本未収録分が掲載されてる成人向雑誌の表紙を集めてみた 【後編】(2010/11/27)

今回は、一般誌に掲載され、未だに単行本に収録されていない作品の数々を紹介していきますよ。
意外な事に、現在でも古本屋やヤフオクなどで知らずに格安で売られている事があるらしいので、このブログを読んで表紙を憶えてもらい、各所で氏の掲載誌を保護してもらえると嬉しいですね。

今回紹介するのは、代表作である『Hellsing』の連載が始まる前の作品。
この時期は、快楽天の連載と並行して描かれていたモノなので、色々とはっちゃけっぷりが凄い作品が多いです。

ホントは前々から『ドリフターズ』の2巻の発売に合わせて書こうと思ってたんだけど、すっかり忘れてたやw
それにしても『ドリフターズ』は面白いよね〜 もちろん『アサシネ』も〜
え? あぁ・・・・『美少年で名探偵でドエス』も・・・・・(第2話はいつ掲載されるんだろう)

それでは、一般誌初掲載の少年ガンガンからどうぞ〜



BE WILD !!

第四中の狂犬コンビと呼ばれた、富士貴由と田中亮太郎。
富士の両親の転勤がきっかけで二人は別れる事になったが、2年ぶりに狂犬コンビ復活を息巻いて地元に戻って来た富士が見たものは、昔の面影など見る影もない、完全にオタク化した亮太郎だった。
富士は亮太郎を再びツッパリ道に引き戻す事は出来るのか・・・・・
ヤンキーを題材にした王道的作品に見せかけて、やはり独特なオタクネタを散りばめたハイテンションギャグマンガ。
現在も継承されている「誌内での浮いちゃってる感」は、一般誌初掲載時から健在です。
やはり濃いですなぁ〜
初期の少年ガンガンと言う事もあって、現在一番手に入れづらい掲載誌なのかも。



gg_s.jpg be_wild_s.jpg

掲載雑誌少年ガンガン 1996年4月15日号
掲載作品BE WILD !!
掲載ページ171〜202
作者近況報告みなさん初めまして。
右も左もわからぬ若輩者ですが、どうかよろしくお願いします。
扉煽り文かかってきなさい!!
備考初の一般誌掲載作品




HI AND LOW

1938年満州鉄道。満州北部国際都市ハルピン駅構内。
ひょんな事から、日本陸軍部スパイとナチス軍SS特務少尉の女性2人が手を組み、ドイツ人の技術屋の確保を目論むソ連の兵隊を殲滅していくガンアクション作品。
短編で終わってしまうのがもったいない程の面白さ。
この作品の最後にも司令っぽい人が出てきますが、氏の描く教官や司令などは、総じてカワハラーだったりします。



ours_s.jpg hi_and_low_s.jpg

掲載雑誌ヤングキングアワーズ 1996年11月30日号
掲載作品HI AND LOW
掲載ページ51〜74
作者近況報告あこがれの作家さんがいる雑誌・・・
右も左もわからぬ新参者ですが、よろしくお願いします
扉煽り文炸裂 平野節―――――
イカレた狂信者・・・・・・・・・
弾けるアクション24ページ!!
備考期待の俊英アワーズ初登場!!(編集)




大同人物語 単行本未収録分

最大規模の同人誌即売会であるマンガケットを舞台に同人ゴロ達の思惑がぶつかり合う、一般的な思考では考えもつかない様な、他に類を見ない異色作。
登場人物が全員ガチオタなのに、こんなにカッコイイなんて・・・・
第1話〜第7話までは単行本の1巻に収録されているものの、2巻は発売されておらず、更に残念な事に第11回以降に数ヶ月の休載を経て、事実上の打ち切りが決定してしまった為に完結もしてません。
7年前に最終話までの描き下ろしを追加した『大同人物語 完全版』が発売されるという話が出たものの、いつの間にかなかった事になってたりw
でも、この作品はホントに最後まで読みたいですね。打ち切り時も「今からじゃん!」って所だったので。
そして、この作品の目玉は何と言っても特務混対の川原景虎。
雑賀に言い放った「で、だから!?」はマジで痺れたね。



gum_09_s.jpg d_07_s.jpg

掲載雑誌コミックガム vol.09
掲載話第7話 『Fire starter』
掲載ページ315〜330
作者近況報告AXのCMはあれで大丈夫なの?
扉煽り文Hound!
備考平野耕太の野望の王国 vol.5あり
大同人物語キャラクター相関図あり
切実なアシスタント募集コメントあり


gum_10_s.jpg d_08_s.jpg

掲載雑誌コミックガム vol.10
掲載話第8話 『Candy』
掲載ページ309〜332
作者近況報告去年まで三浦知良と三浦友和を同一人物だと思ってました。
扉煽り文雑賀京一郎 一世一代の大博打!!
備考特になし


gum_11_s.jpg d_09_s.jpg

掲載雑誌コミックガム vol.11
掲載話第9回 『Cowgirl』
掲載ページ313〜328
作者近況報告コミケは楽しかったですか?
ボクは楽しかったです。まだ行ってませんが。
扉煽り文嵐の前の静けさ・・・・・・
備考平野耕太の野望の玉国 vol.1あり


gum_12_s.jpg d_10_s.jpg

掲載雑誌コミックガム vol.12
掲載話第10回 『COME TO daddy』
掲載ページ341〜346
作者近況報告平野先生急病のため、今回コメントはナシ。
「野玉」は倒れる前に収録(編集)
扉煽り文なし
備考氏による、2ページのお詫びのページあり
平野耕太の野望の玉国 vol.2あり
アシスタント募集記事あり


gum_13_s.jpg d_13_s.jpg

掲載雑誌コミックガム vol.13
掲載話第11回 『Dog way』
掲載ページ335〜346
作者近況報告話が進まないねェ〜、このマンガ。
「徳川慶喜」級だね。
扉煽り文決戦間近!!
備考GUMの真相「平野耕太先生インタビュー」あり
第11回以降の掲載なし




と、まぁ、今回は以上で。

あまりに未収録作品が多いので、分けないと長くなり過ぎるしね。
次回は、ウルトラジャンプに収録された『ガンマニア』の表紙から行きますよ。

それでは、また。
次回がいつになるかは知らないけどね!!




ココから先は、ちょっとした日記を。


日記その1・・・・・・

最近Twitterを始め、レトロゲームが好きそうな人をフォローした際、その人のツイートに自身のニコニコ生放送のリンクが貼られてて、それを何気なく見ると、何故かオレのブログの記事を紹介してる放送だったという奇跡的な状況に出くわした!
「えっ、オレのブログじゃん!」みたいな。マジでびっくりw

その人は、多くの海外ゲームや周辺機器を扱うショップ『フリマッピィ』の店長さん。
何とオレと同い年の30歳。

ショップでは、2010年に発売されたファミコンの最新作『バトルキッド』や、日本未発売のNES・SNESタイトルなども取り扱っており、さらに2013年発売予定のスーパーファミコン最新作『ナイトメアバスターズ』の入荷も予定しているというこだわりっぷり。
特に『ナイトメアバスターズ』は限定600本だから、かなりのレア物になりそう。
海外から取り寄せて欲しいソフトや周辺機器などのリクエストも募集してるらしいので、欲しい物があれば気軽に尋ねてみると良いかも。

そんな事もあり、それ以来Twitterで良くしてもらってて、店長さんのニコニコ生放送を見るのが日課になりましたよ。
ニコニコ生放送内でも、他の人はやらない様なレトロゲームの紹介などもやってるので興味がある人はオススメ。
海外から届いた品物の開封放送や起動チェック放送なんかもやってます。
ニコニコ動画のアカウントがなくても、『フリマッピィ』のサイト内で放送が見られますよ〜



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。