sub_001.jpg


2008年05月31日

ファンタジェンヌ誌の表紙における『同級生2』の友美の扱いの酷さは異常

突然ですが『ファンタジェンヌ』と言う雑誌をご存知でしょうか?

一応知らない人の為に簡単に説明すると、1993年に大洋図書から発刊され、当時では珍しくレトロエロゲーを紹介する『電脳温故知新』というコーナーなど、特集コーナーが豊富で読み応えのあった美少女ゲーム専門誌。
『BUGBUG』や『電脳美少女組』と同様に記事内の配色の酷さが目に付くモノの、「コレでもかッ!!」と言わんばかりにCGと文字でギッシリ敷き詰められた新作ゲーム紹介記事は、ちょっとしたお得感が漂うステキ雑誌でした。

今回はその『ファンタジェンヌ』のVOL.10の表紙をネタに、くだらないお話をしてみようと思いますです。


どの美少女ゲーム専門誌でも大抵は有名な絵師が表紙を担当していますが、もちろん『ファンタジェンヌ』も例外ではなく、創刊号〜VOL.9までの表紙イラストを遊人氏、そしてVOL.10以降は竹井正樹氏が表紙イラストを手掛けており、それに伴いVOL.10の表紙には、書き下ろしでは無いものの、発売直前の大作『同級生2』のパッケージイラストが『ファンタジェンヌ』の表紙を飾りました。

ファンタジェンヌ_vol_10_s.jpg

メインキャラクターのバックにショッキングピンクを持ってくるという、否が応にも目が行ってしまうインパクト大の表紙。
前作の『同級生』が人気ゲームランキングの上位に常に君臨していた事もあり、新作の『同級生2』の扱いにも特別なモノが感じられますね。

しかし、ちょっと待って下さい。

この表紙、明らかにおかしい部分がありますよね、コレ?
どこかキャラが足りてないと言うか、委員長要素が不足していると言うか・・・・

まぁ何がおかしいかと言うと、本来、可憐の隣りにいる筈の友美の姿がキレイにカットされているのです。
ちなみにコレが本来のパッケージ。(PC-98版のパッケージがないんでPC-FX版ですが・・・)

同級生2_fx_s1.jpg

おそらく友美のカットは、表紙デザインのバランスを取る為の苦渋の選択だったのでしょう。

それに、当時はどのエロゲーも新作の情報が入ってくるのが遅く、『同級生2』発売1ヶ月前に発売された美少女ゲーム専門誌ですら、キャラクターの情報が僅かにしか掲載されていなかった事から、『ファンタジェンヌ』の編集の方は、もしかすると友美が唯に次ぐメインヒロインという事を知らなかったのかもしれません。
同号では未使用キャラクターのCGや、発売前にも関わらず加藤みのりのネタバレCGが貼られていた位でしたし。

「じゃあ、友美は完全カット?」というと、ソコはCGや文字をムダなく活用する『ファンタジェンヌ』。
『同級生2』唯一のメガネっ娘キャラの友美をカットしてそのまんまなんて勿体ない事はしないのです。
パッケージ絵の本来いた場所からはカットされたものの、友美は別の箇所で見せ場を作ってもらっていたのでした。

それがコチラ・・・・・








ファンタジェンヌ_vol_10_c1.jpg








友美発見!!  つーか・・・・・小せぇ!!!







悲しい事に『ファンタジェンヌ』のタイトルの一部となっているのでした。

主人公のお隣さんで幼馴染、才色兼備で社長令嬢、学校では委員長を務めて周りからの信頼の厚い泣き虫のメガネっ娘という「何、この完璧超人?」と言わんばかりの設定のキャラクターの扱われ方とは到底思えません。
下手をすると怒り野ボツ子以下の扱いです。

ちなみにこんな酷い扱われ方をしている友美ですが、ゲーム中の扱いはというと・・・・・これまたあまり良い扱いを受けていなかったりします。



同級生のカメラ小僧に狙われ、隠し撮りをされたあげく・・・・・

nanpa2_0005.gif nanpa2_0022.gif

その写真で脅迫され、中途半端に攻略するとカメラ小僧の肉奴隷となってしまい・・・・・

nanpa2_0020.gif nanpa2_0021.gif

それを救う為にカメラ小僧を懲らしめると、友美は勘違いをし主人公に悪態をつく逆切れモード。

nanpa2_0023.gif nanpa2_0025.gif

もし間違って温泉旅行に行こうモノなら、カメラ小僧を更生させる為に自らカメラ小僧と付き合う事を決意するという、とんでもな事をし出す始末。

nanpa2_0012.gif nanpa2_0014.gif nanpa2_0016.gif



こうストーリーを見ていくと、表紙での扱いの悪さが逆に友美らしいとさえ感じられる不思議。
見方を変えれば、『ファンタジェンヌ』がストーリー上の友美の姿を表紙で揶揄したという風にも受け止められますね。
単に「当時はメガネっ娘があまり人気なかったから」ってのが理由だったとは思いたくないですなぁ・・・・

ちなみに辰巳出版から発売された『同級生2 完全ガイド』では、書き下ろしなのに篠原いずみがカットされていました。

同級生2_完全ガイド_s.jpg

どうやら『同級生2』のキャラは誰かしら割を食ってしまう運命なのかもしれませんね。

落ちてないけど、おしまい。
posted by hisabilly at 08:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | ヲタクな小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。