sub_001.jpg


2007年08月28日

【PC98版】 ランス -光をもとめて-

1989年7月15日にアリスソフトから発売されたアドベンチャーゲーム。

rance1_001.gif
販売元/アリスソフト
定価/6800円


『Intruder 〜桜屋敷の探索〜』と同時発売された、アリスソフトのデビュー作であり、ランスシリーズの第一弾作品。
アドベンチャーに少しロールプレイング要素を含めた、一風変わった内容。
当時ディスク2枚組のエロゲーが主流だった中、ディスク4枚組という、エロゲーには多過ぎる程のディスク枚数が話題になった。
ランス以降の作品も、価格は他社と変わらずにディスクの枚数がだんだん増えていったので、心配したファンから「そんなにディスク枚数を増やして、アリスソフトは潰れませんか?」という内容のハガキが届いたらしい。



キースはソファに深々と掛け、ランスに向かってこう言った。
「今度はこの仕事を引き受けて貰いたい」
ランスはギルドビルの一室で、キースから新たな仕事の依頼を受けていた。
部屋ではキースの吸う葉巻の煙が充満している。
仕事上、表面的には上手く付き合ってはいるが、ランスはこのキースという男に軽い嫌悪感を抱いていた。
男というだけで気分が悪いというのに、それ以上に傲慢で人を食った態度がランスを苛立たせているのだ。
なかなか本題に入らないキースの話を適当に耳に入れていると、突然キースは白い封筒から一枚の写真を取り出し机の上に置いた。
写真には白いドレスを着た赤い髪の少女が一人写っていた。
「この少女を見付けて保護してもらいたい」
キースは言った。
ランスは写真の少女について尋ねると、キースは話を続けた。
「彼女はブラン家の次女ヒカリ、3週間前、あの金持ちばかりのお嬢様校パリス学園で、2人組の女忍者にさらわれたそうだ。ヒカリのルームメイトからも裏は取ってある。
未だ身代金を要求しない所を見ると、営利目的の誘拐ではなさそうだな。
とにかくお前はこの少女を助け出せば良いんだよ。報酬は20000GOLDだ頼んだぞ」
キースの一方的な言葉が気に食わなかったが、20000GOLDという高額の報酬はランスにとっても魅力的だった為、その依頼を引き受け、シィルの待つアジトへと戻った。
アジトに戻ったランスは、シィルをパリス学園へ入学させ潜入捜査を行なわせる作戦を思いつく。
シィルは悪徳魔法使いに誘拐されるまではマジックCITYで魔法の勉強をしていた程の秀才だ、一般的な名門学園程度ならば受かる事は造作もないだろう。
数日後、シィルは楽々とパリス学園に合格し潜入に成功。
それに遅れる事一週間、ランスも目的の街へ到着したのだった・・・・

rance1_218.gif rance1_219.gif rance1_008.gif

街へ着いたは良いものの、財布も武器も全てアジトへ忘れて来てしまったランス。
おっちょこちょいにも程があります。
取り合えずパリス学園へ向かい、裏口からシィルを呼び出し近況報告させると、どうやらヒカリは特別生徒に任命される程の優秀な学生だったという情報を得ます。
丁寧に話を続けるシィルを余所に、ドレスを着たシィルを見ていたランスは「こういうシチュエーションはそうそう無いだろう」と、報告もそこそこにシィルに襲いかかるのでした。
もちろん自分だけ満足したランスは、シィルから150GOLDを奪い、懐も温まった所で城に向かう事に。
城の中に入ろうとすると番兵から通行手形を求められ、通行手形を持っていないランスは追い返されてしまいます。

rance1_018.gif rance1_019.gif rance1_025.gif

顔パスで通れなかったのが余程悔しかったのか、イライラしながら中央公園へ行くと、財布を無くして困っている女の子を発見。
「財布さえ見付かれば何でもします」の一言にワクワクしながら財布を捜していると、突然腰元のずっしりした感覚が消えてしまいました。
とっさに後ろを振り向くと、そこには見た事のない女忍者の姿が・・・・
何とさっきの女の子は女忍者の変装だったのです。
女忍者は「この件から手を引け!」と言い残し、ランスの財布を持ったまま風の如く姿を消してしまいました。
ランスは「俺様から物を奪うとは良い度胸だ。今度会ったらハイパー兵器の餌食にしてやるぞ!!」と心に誓いつつ、日も落ちてしまった事だし、またシィルから50GOLDを奪い、近くの宿で一夜を過ごす事にしました。
宿で女将の奈美から最近街で起こった事などを聞いていると、「最近盗賊の悪行が目立ってきました」との事。
ランスは「明日はヒカリと盗賊の関係も視野に入れ捜査をするか」と考えながら眠りにつきました。

rance1_046.gif rance1_011.gif rance1_032.gif

翌朝酒場へ向かうと、店のマスターから盗賊にさらわれた娘を救って欲しいと頼まれます。
もちろん何もメリットの無い依頼をランスが引き受ける訳もなく、一旦は断ったのですが、娘の救出の報酬として『通行手形』と、前金として800GOLDを譲ってくれると言われ、表面上はクールに装いながらも内心ウハウハなランスはその依頼を引き受ける事にしました。
お金を手に入れたランスは盗賊との戦いに備え武器屋へ。
装備を整え、ついでに武器屋の娘に手を出そうとしましたが、「変な事をするとポケットの爆弾を爆発させます!」と脅され、仕方なく武器屋を後にし、盗賊の情報を得に情報屋へ向かいました。
情報屋で盗賊の詳細を聞くと、盗賊は『かぎりない明日戦闘団』という訳のわからない名前で、主に窃盗・誘拐・殺人を生業にしているという無法者共という事がわかります。
「俺様以外にかわいい女の子を誘拐する様な馬鹿は生かしちゃおけないな」という事で盗賊団のアジトである第三地区の外れにある砦へ向かうのでした。

rance1_056.gif rance1_080.gif rance1_082.gif

砦に入り東北の方角へ進んでいくと、牢屋から男の呻き声が聞こえてきます。
気になって入ってみると、そこにはセメントで体を塗り固められた男がいました。
男は必死に助けを哀願しますが、金もなく4歳の娘しか居ない男を助ける程ランスは男に対して優しくはないので、悲しい哉、男は置き去りにされてしまいました・・・・
そして北西に進んでいくと、暗い部屋の中から声が聞こえ、中に入ると鎖で繋がれた女の子を発見。
ランスは、女の子とお楽しみの最中だった盗賊のボスを一瞬で切り刻み、盗賊団の壊滅に成功しました。
鎖に繋がれた女の子に話を聞いていると、やはり女の子は酒場の娘の様です。
ランスは手枷を外してやろうと鎖に手をやると、鎖に繋がれ体をくねらせている酒場の娘の姿に、自分のハイパー兵器がオッキしてしまい、「俺様のハイパー兵器をこんなにさせた罰だ。報酬の上乗せとしてお前の体で払って貰うぞ、がはははっ!!」と酒場の娘は、救出しに来た筈のランスにまで弄ばれてしまったのでした。
その後、無事(?)酒場の娘は父親の元へ戻る事ができ、めでたくランスは城の『通行手形』を得て、城へと向かうのでした。


城に入れる様になり、城内で次々と女の子を襲いながら、ヒカリに関する情報を掴んでゆくランス。

rance1_092.gif rance1_098.gif rance1_105.gif

そして、だんだんと誘拐事件の真相に近づくにつれ、パリス学園やヒカリを誘拐した女忍者は、城の者と深く関係している事が判明してゆく。

rance1_135.gif rance1_160.gif rance1_172.gif

果たしてランスは無事ヒカリを救出し、報酬の20000GOLDを受け取る事が出来るのか!?

rance1_182.gif rance1_188.gif rance1_197.gif



ADVとRPGを混ぜた感じが、すごく中途半端と言わざるを得ない状況になっている作品。
ストーリーもムチャがあり、登場キャラクターに無理矢理イベントをくっ付けている感じです。
でも、何故か面白いんですよねw
まだランスが然程鬼畜じゃなくて、普通に上の人間に対して敬語を使っていたり、時たまシィルがランスに対してタメ口だったり、リアやマリスのいる国の名前が『リーザス』ではなく『NODD』という、パソコン業界をパロった国名だったりと、今のランスシリーズでは考えられない内容なので、『鬼畜王ランス』辺りからプレイしてる人には、逆に面白いんじゃないでしょうか?
ちなみに作中で登場している女忍者の名前は、今のシリーズでも登場している「見当かなみ」で、盗賊のアジトでセメント漬けにされていた男は、今作中では名前は出ないけど、鬼畜王ランスにも登場している「ブリティッシュ」です。

すごくどーでも良い話なんですけど、5年か6年前に大阪の友人の所へ遊びに行った時、「そういやhisabillyってアリスソフトのゲーム大好きだったよね? 学校から少し離れた場所にアリスソフトの会社があるから、前通ってみる?」って事になって、一度前を通ってみたんですが、玄関の床のハニーが超絶イカしてました。
やっぱ面白いゲームを作る会社はオシャレなんだな〜とか思ったり。
まぁ、当時友人はオレがアリスソフト大好きだと思ってたみたいだけど、実際は『鬼畜王ランス』以降まともにプレイしてなかったんですよねw
一応『大悪司』辺りまでは買っていたんですが、プレイ時間とか考えてると結局積みゲーでした・・・・
アリスのゲームは超大作すぐる・・・・

またまた超蛇足ですが、4日位前からブログへのアクセスがメチャ増えててビックリ!
そして、自分がよく見てるニュースサイトに自分のブログが紹介されてて2度ビックリ!!
こんな事もあるんですねぇ。ありがたいお話ですデス。
って事で、今度は1988年にコンプティーク誌上で行なわれた『1987年 人気エロゲ TOP10』を軽く掘ってみようと思います。
おそらく、もう数日後にはアクセスも無くなってしまうだろうから、アクセスの多少ある内に書けると良いなぁw

rance1_213.gif rance1_217.gif
posted by hisabilly at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC-98エロゲー>ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

【PC98版】 ドラゴンナイト

1989年11月1日にエルフから発売されたロールプレイングゲーム。

dk1_01.gif
発売元/エルフ
定価/6800円


エルフの名作RPG『ドラゴンナイト』シリーズの第一弾。
ウィザードリィタイプの3DダンジョンRPGで、装備品以外にアイテムは無く、魔法も2種類と至ってシンプルな内容。
現在位置座標が常に表示されているおかげで迷わずに進める。
モンスターに捕らえられた女剣士達を助け、塔の6階で待つドラゴンナイト総統を倒し、宝玉を取り戻すのが目的。



流れ者の剣士ヤマト・タケル(主人公)は旅の途中、女性しか居ないストロベリーフィールズ王国に立ち寄った際、寺院の娘ルナと出会う。
食料の調達で立ち寄っただけのタケルだったが、何故かルナから王女に会って欲しいと頼まれ、王女の待つ城へ向かう事となった。
城内で王女と話していると、予言者の言う「この街を救う勇者」の特徴に似ているという理由で、女神の塔を拠点としているドラゴンナイトから、盗まれた6つの宝玉を取り戻し、女神の呪いを解いて欲しいと頼まれる。
最初は拒んでいたタケルだったが、呪いをかけられ石になってしまった女神の悲しみに満ちた表情に心を突き動かされ、王女の依頼を引き受け、ストロベリーフィールズを救う為、すでに悪の塔と化した女神の塔へ一人乗り込む事を決意するのだった・・・・・

dk1_07.gif dk1_08.gif dk1_10.gif

女神の塔へ向かう前に、まずは何よりも身支度です。
手持ちが100GOLDしかないものの、『攻撃は最大の防御』って事で、武器屋で80GOLDの剣を購入。
寺院でルナの嫌味を聞かされながらレベルアップまでの経験値を教えてもらった後、王女に挨拶をして、いざ出発です!!

dk1_13.gif dk1_16.gif dk1_21.gif

ダンジョンをウロウロしてると鍵のかかった牢屋の中で女の子の声が・・・・
一応、ダンジョン内に鍵の保管室はあるんだけれど、メチャ硬いゴーレムが邪魔をして取れそうにありません。
仕方ないので、一旦街へ戻り予言者のオババに会いに行くと、全てを知っていたかの様に『眠らせ薬』をくれます。
さすが予言者、何でもお見通しです!!
内心「そういう物は先に渡しとけ!」と思いながらも、保管室のゴーレムに薬をブっかけて眠らせ、無事牢屋の鍵GETです。

dk1_23.gif dk1_26.gif dk1_31.gif

鍵のかかっていた牢屋を開けて、ゴブリンに捕らえられていたアンを救出。
そして、アンから拷問部屋の合言葉を聞き、危うく拷問にかけられるところだったアニーを救出。
しかし、女剣士達は救出したものの、何処を探しても2階に上がる術がありません。
すると、アニーが北西の柱の隠し部屋から2階へ上がる方法を教えてくれます。
「捕らえられてたクセに情報通だなぁ・・・」と思いながらも2階へと進んでいきます。

dk1_17.gif dk1_20.gif dk1_125.gif

2階へ上がると、階段のすぐ近くで女の子がオーガロードに引きずられてる場面に遭遇。
女の子に助けを求められると助けない訳にはいきません。
オーガロードをフルボッコにし、女剣士メルを救出。
メルから、1階のドラゴンナイトの部屋の前でモンスターが唱えていたという合言葉を聞き、1階へ戻りドラゴンナイトと対戦です!!
ドラゴンナイトと言うだけあって体力は中々の物。
しかし、1階を守らされている程度のレベルなので大して強くはありません。
肉弾戦でゴリ押し、ひたすら攻撃、攻撃、攻撃・・・・
何という事もなく1つ目の宝玉を取り戻す事に成功し、再び2階へと進みます。

dk1_33.gif dk1_35.gif dk1_36.gif

「何かないかな?」と、手当たり次第に色々な部屋に入っていると、倉庫のある広い部屋に誰かが残したであろう置手紙が。
手紙には、「うずまきの中にいます、助けて下さい。ダイヤルは1175。」と意味深な文が書かれていました。
そういえば、取り調べ室は渦を巻いた様な通路で、ダイヤル付きの扉だったはず・・・・
早速救出に向うつもりだったのですが、まずは目先の欲を優先。
倉庫の物色です!!
ガラクタだらけの中に、『金の木の葉』と『悪趣味なイヤリング』を見付けます。
「倉庫の割にイマイチ感が強いなぁ」と思いつつ、取り調べ室へ向かいます。

dk1_38.gif dk1_39.gif dk1_41.gif

取り調べ室のダイヤルの付いた扉を開くと、中にはリザードマンに拷問を受けている女の子の姿が・・・・
「なっ!何をするだァーーーッ、ゆるさんッ!!」
タケルはリザードマンを倒し、拷問を受けボロボロになった女剣士シオンの救出に成功。
シオンから、ついさっき倉庫で拾った『悪のイヤリング』の使い方を教わります。
どうやら『悪のイヤリング』は、モンスターの言葉を聞き取る事が出来る優れモノらしい。
2階の探索中、モンスターが大声で怒鳴っていた部屋があったので、そこに向かう事にしました。

dk1_44.gif dk1_45.gif

部屋の前に着くと、まだモンスターの怒鳴り声が聞こえてきます。
『悪のイヤリング』を装着し耳を澄ますと・・・・
どうやら上司のオーガが、ドラゴンナイトの部屋の合言葉を必死に部下のオークに教えている様です。
「モンスター界にも物覚えの悪い部下ってのはいるモンだなぁ」と感慨に浸りつつ、2階のドラゴンナイトに勝負を挑みに行きます!!
2階のドラゴンナイトは2回攻撃を繰り出す厄介な相手。
回復魔法を有効活用しながら、物理攻撃でじわじわ削っていき、何とか倒す事に成功。
2つ目の宝玉を取り返し、エレベーター許可書があるという3階へと進んでいきます。


階を上がる毎に強くなるモンスター達・・・・

dk1_65.gif dk1_77.gif dk1_85.gif

果たしてタケルは全てのドラゴンナイトを倒し、6階で待つドラゴンナイト総統の野望を打ち砕く事が出来るか?

dk1_110.gif

そして、6つの宝玉を取り戻し、石と化した女神の呪いを解く事が出来るか?

dk1_126.gif

タケルは己の力を信じて、前へ前へと進んでいくのだった・・・・

dk1_54.gif dk1_49.gif dk1_61.gif
dk1_67.gif dk1_73.gif dk1_80.gif
dk1_86.gif dk1_101.gif dk1_66.gif



エルフらしい、ギャグっぽい演出満載の良作。
1階、1階で起こる個性的なイベントも良い感じ。
今プレイしても遜色のない、1日でクリア可能なお手軽ゲームです。

コレは『カオスエンジェル』などでも同じ事が言えるんだけど、とにかくレベル2に上がるまでが一番辛い!!
レベルが『1』違うだけで強さが全然違います。
ただ、後半はレベルを上げた方が敵から喰らうダメージが大きくなるという訳のわからない状態になるけど、まぁ、ソレはソレですw

後、実は1階にいるドラゴンナイトは倒さなくてもクリア出来ます。
経験値もGOLDも55しか貰えないんで、華麗にスルーしてあげるのも手かもしれませんねw

dk1_122.gif dk1_123.gif
posted by hisabilly at 02:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | PC-98エロゲー>た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

ファミコン版 俺的クソゲーランキング 【オールゲームカタログ1991編】

今回は、以前紹介した『オールゲームカタログ 1991』に載っているファミコンソフトで、見事に1つ星を取った『クソゲー』だけを集め、独断と偏見でランキングを作ってみました。
1つ星のゲームは912本中で30〜40本くらいあるんだけど、どのゲームも操作性や内容を含め、かなりヤバめの作品だらけですw
ちなみに、実際には『クソゲー=バカゲー≠駄作』と使われてますが、ここでは『クソゲー=バカゲー=駄作』の意味も含んで書いています。
「コレはクソゲーじゃねーよッ!」ってゲームも混じってるかもしれませんが、個人的主観って事で許してやって下さいw

それでは、10位〜1位まで一気に・・・・・どぞッ!!



第10位 忍者COPサイゾウ


忍者copサイゾウ_01.gif 忍者copサイゾウ_02.gif
■九娯貿易■89年11月17日発売■5900円■カートリッジ■アクション

幼児誘拐事件の解決を依頼された特務刑事のサイゾウが、敵のアジトへと乗り込んでいく。
武器は手裏剣と刀のほかに、10種類の忍法を使用可能。全6ラウンドを戦う。

良い所:おもしろい忍術。サイゾウの愉快な動きワクワクする設定。アドベンチャー要素。
悪い所:メッセージ表記が全部カタカナで読みにくい。ありきたりで工夫のないゲーム内容。
(オールゲームカタログ1991 P51より抜粋)

所長からの電話で、初めて息子が誘拐された事に気付く主人公サイゾウ。
ミッションに失敗してブツブツ独り言を言ってるサイゾウより、誘拐されながらも敵情報をステージ中に残してくれる息子の方がよっぽど頼りになりますw
正直、豊富な忍術を駆使しながら進むアクションとして決して悪くはないんだけど、何より忍者ゲーなのに全く爽快感がなくて全体的にトロい。
何となく『忍者龍剣伝』をパクろうとして失敗した感じ。
後、最初に所長が「今回の犯人はマヌケで(ry」とか言ってますが、人の事は言えない位、所長もサイゾウもかなりのバカですw



第9位 ロストワード・オブ・ジェニー


ロストワード・オブ・ジェニー_00.gif ロストワード・オブ・ジェニー_01.gif
■タカラ■87年3月25日発売■5500円■カートリッジ■アクション

女の子に人気のお人形さん『ジェニー』が主人公。BB教団に奪われたミュージカルのシナリオを取り戻すのが目的。縦横スクロールの全6面構成。

良い所:ユニークな敵キャラ。華奢なジェニー。やられちゃったポーズがかわいい。
悪い所:雑な作りでバグが多い。すぐにやられちゃうジェニー。パッとしないグラフィック。
(オールゲームカタログ1991 P84より抜粋)

全体的にバランスの取れてない激ムズゲー。
タイトルだけ見ると『萌えゲー』っぽい雰囲気が漂ってるけれど、プレイした途端『メルヘン空手ゲー』に変化。
お化けに上段蹴り、宇宙生命体に下段突き、とやりたい放題。
可愛いジェニーちゃんの姿はいずこにw
ホントにジェニーちゃんが好きでコレを買った女の子はショックだったろうなぁ。
内容は、『さんまの名探偵』の移動っぽくステージを選択し、『うる星やつら ラムのウェディングベル』っぽいアクションを進めていく感じ。
訳わからないかもしれないけど、ホントにそんな感じなんですw
まぁ、肝心のアクション面が『うる星やつら』っぽいなら、良作にはなり様がないんですけどねw



第8位 鉄腕アトム


鉄腕アトム_01.gif 鉄腕アトム_02.gif
■コナミ■88年2月26日発売■5500円■カートリッジ■アクション

横スクロール型。パンチやジャンプで敵をやっつけながらウランを助けに行く。3段ジャンプをすると足がジェット噴射して、空を飛ぶことができる。

良い所:ステージごとのいろんな謎解き、なぐるとでてくるメッセージ。
悪い所:夢も希望も感じさせない雰囲気。一撃で壊れてしまうアトム。チャチなグラフィックス。
(オールゲームカタログ1991 P48より抜粋)

意味のわからない謎解きや、意味不明な事を口走るキャラクターなど、かなり電波の入った内容。
雰囲気がかなり気持ち悪いです・・・・
情報を全て言い切るまで敵をボコボコにするアトム、壁に埋め込まれたウランちゃん、バズーカ一発で粉々になったアトムをブツブツ言いながら壊れる直前の格好に直すお茶の水博士など、本来勇気を与えてくれるはずの『鉄腕アトム』が絶望しか与えてくれませんw
おそらく、コナミのトップクラスの駄作じゃないでしょーか?



第7位 TAO 〜道〜


TAO 〜道〜_01.gif TAO 〜道〜_02.gif
■バップ■89年12月1日発売■5500円■カートリッジ■ロールプレイング

宇宙からやってきた魔界の帝王・ヒスターを倒し、混乱の世の中を救ううのが目的のRPG。敵との戦闘はAボタン連打、コマンド選択は漢字一文字など独特の操作方法。

良い所:オリエンタルムードたっぷりの世界観設定とグラフィック。意味ありげな会話のセリフ。
悪い所:とにかくイラつく操作性の悪さ。画面切り換えやウィンドウの開閉も遅い、単純な戦闘。
(オールゲームカタログ1991 P44より抜粋)

村人との会話の度に時間のかかるウィンドウを開かなきゃいけなかったりと、かなりのストレスを感じるゲーム。
つーか、RPGなのに村人との会話を総当りしないとイベントが起きないってどーなんですかね?
ただでさえ、村人のくだらないギャグでうんざりさせられてるのに・・・・
後、ゲームシステム以上にヤバイのが全体的に宗教的な雰囲気が強いところ。
村の名前や建物のグラフィックも異質ですが、何の脈絡もなく「今度生まれ変わった時、またボクは人間になる事が出来るだろうか・・・・」とか言ってくる少年には素で引きますw
多分このゲームを完璧にクリア出来れば、変な意味で開眼出来そうですよ?w



第6位 花のスター街道

花のスター街道_01.gif 花のスター街道_02.gif
■ビクター音楽産業■87年3月17日発売■5300円■カートリッジ■アクション

スターを夢見るふたり組の女の子(←雑誌の誤植)があこがれのホールをめざす、横スクロール型アクション。途中、プロデューサーや作曲家、カメラマンがゆくてを阻む。

良い所:斬新な設定&ストーリー。性格の違うふたりのキャラクターを操作する。
悪い所:イマイチな操作性。とんでもない発想のわりにゲーム自体はありきたり。
(オールゲームカタログ1991 P61より抜粋)

パッと見、ナムコのゲームっぽいタイトル画面に良作を期待してしまいそうですが、実際の所はかなりの地雷ゲーです。
スターに憧れて上京してるはずなのに、何故かプロデューサーや作曲家を倒してレコードを奪っていくという、斬新というよりもイっちゃってる感が強い内容。
一体この二人はスターに憧れてるのか、それともスターのレコードに憧れてるのか・・・・
ゲームシステムは、コンビの二人を同時に操作する、劣化版『スーパーマリオ』。
それも操作性がかなり悪く、特にジャンプは『アトランチスの謎』くらいクセがあるんで、落とし穴の多いステージはかなり辛い・・・・
後、特殊なクリア条件もダメっぷりに拍車をかけてます。



第5位 時空の旅人

時空の旅人_01.gif 時空の旅人_04.gif
■ケムコ■86年12月26日発売■4900円■カートリッジ■アドベンチャー

映画「時空の旅人」では敵役のクタジマ・トシトが主役。歴史上の人物の問いかけに、はい、いいえで答えていき、21世紀へと進んで行く。マルチエンディング。

良い所:同一人物でもいろいろと変化する質問。歴史の勉強になる。かっこいいオープニング。
悪い所:単調ですぐ飽きる。なかなか乗れないタイムマシンの”コイ”。意味不明のエネルギー。
(オールゲームカタログ1991 P50より抜粋)

最初に言っておきますが、このゲームはマジで最高です!!
全ファミコンソフトの中でも屈指の作品・・・・
まさに究極の『バカゲー』ですw
「やはり しぬのは こわい。おかねは いくらでも だす。たすけてくれないか?」や「おかねが ない こまった。 ひとつきかん だいみょうたちと だいえんかいしたのが わるかったと おもうか?」など、信長のヘタレっぷりを堪能する事が出来ます。
歴史だけでなく、偉人の人間性をも変えてしまうクタジマ・トシトは異常w
大勢の友人と爆笑しながらのプレイ推奨です。
でも、ゲームを楽しむという本来の目的を持ってプレイすると、ただの駄作なので注意が必要だったりします。



第4位 ミラクルロピット 2100年の大冒険

ミラクルロピット 2100年の冒険_00.gif ミラクルロピット 2100年の冒険_01.gif
■キングレコード■87年8月7日発売■4900円■カートリッジ■アクション

縦横スクロール。謎のUFOにさらわれてしまったお兄さんを救出に向かう妹が主人公。ミラクルロピットに乗り込んで、敵を蹴散らしていく。

良い所:シャカシャカ動くロピット。よく考えられたマップ構成。ロピットに乗り込む主人公。
悪い所:やはり高めの難易度。足手まといの女の子。地味な画面。キタナらしい色使い。
(オールゲームカタログ1991 P50より抜粋)

壮大なオープニングテーマの後、スケールが小さく、気持ち悪い配色のゲーム画面に飛ばされる落差の激しいゲーム。
ダメージを受けるとロピットが壊れて、中から女の子が出てくるんだけど、その女の子は「攻撃出来ない」「制限時間内にロピットに戻らないと死亡」など、『魔界村』の様な救済システムとしての役割を全く果たしておらず、プレイヤーをイライラさせてくれます。
操作性も悪く、ちょっと走るだけで滑ったり、ジャンプの軌道が微妙だったりと、重力を感じさせない動きも辛いです・・・・
まぁ、『テレパシーで兄妹が結ばれていて・・・(ry』みたいなストーリー自体、かなりの電波を帯びてるんですけどねw
ちなみにこのゲームは、オレが小学生の低学年の頃に、父親から買ってもらった初めてのクソゲーだったりします。



第3位 シャーロックホームズ 伯爵令嬢誘拐事件

シャーロックホームズ 伯爵令嬢誘拐事件_00.gif シャーロックホームズ 伯爵令嬢誘拐事件_02.gif
■トーワチキ■86年12月11日発売■5000円■カートリッジ■アドベンチャー

おなじみ名探偵ホームズが、イギリスを舞台に活躍するアクションアドベンチャーゲーム。左右スクロールの街中を移動して、事件を調査していく。

良い所:キャラクターの動きやメッセージがコミカル。7つの都市にまたがった大規模な事件。
悪い所:読みにくいメッセージ。通行人にケリをいれて金をためるホームズ。
(オールゲームカタログ1991 P34より抜粋)

推理アドベンチャーなのに、何故か森や地下道を徘徊するホームズ。
探偵なのに、人から話を聞くだけで体力が半分近く減ってしまう虚弱体質のホームズ。
何もしていないのに、街の住民から襲われる嫌われ者のホームズ。
とにかく全てにおいて理不尽です・・・・ホントにここの住民は令嬢を救ってほしいのか?w
そんなデンジャーな街ロンドンで、虚弱体質のホームズがイカレた住民に対して唯一とれる行動は・・・・
シャーロックホームズ 伯爵令嬢誘拐事件_03.gif
跳び蹴り!!

何、この暴力探偵・・・・・
そして、その蹴りを喰らって快く会話をしてくれるロンドンの人々。
どうやらこのゲームには普通の人間は存在していない様です。

それにしてもこのホームズ、ノリノリである!!



第2位 元祖 西遊記 スーパーモンキー大冒険

元祖西遊記 スーパーモンキー大冒険_00.gif 元祖西遊記 スーパーモンキー大冒険_01.gif
■バップ■86年11月21日発売■4900円■カートリッジ■ロールプレイング

全方向スクロール型のアクションRPG。主人公は孫悟空。三蔵法師とともに天竺へお経を取りにいくのが目的。パーティは5人制。時間の概念がある。

良い所:のんびりとしたゲーム展開。でっかいマップ。中国してるBGM。巨大な敵キャラ。
悪い所:めちゃトロいスクロール。チャチなキャラクター。わかりにくいゲームデザイン。
(オールゲームカタログ1991 P39より抜粋)

説明不要の超クソゲー。
ゲーム開始に表示される「ながいたび が はじまる。。」って文字は、ファミコン史に残る名言の一つですw
とにかく最初から何をして良いのかサッパリわかりません。
ワープした位置や、敵を倒した感覚など、そういった基本的な部分も全く教えてもらえません。
『自由度が高い』とは、物も言い様ですねw
友人の家にポツンと置かれていたこのゲームを、「これプレイしよーや」と言ったオレに、「かなりのクソゲーだから止めた方が良いよ。つーか、それをプレイしたいって言ったのhisabillyが初めてだよ」と止めてくれて、クソゲーマニアというレッテルを貼りやがったのも懐かしい思い出ですw
もし一度もこのゲームに触れた事がない方は、ゲームセンターCX内の企画の『もしもし大作戦』で有野課長が完全クリアしてるので、クソゲー初心者の方は必見です。



第1位 ゴーストバスターズ

ゴーストバスターズ_00.gif ゴーストバスターズ_01.gif
■徳間書店■86年9月22日発売■4500円■カートリッジ■アクション

街に集まってくるゴーストを捕まえていき、最終的に街の中心にすむ魔神”ゴーザ”を倒す。武器は9種類で値段により能力が違う。パソコンからの移植。

良い所:モダンなシティマップ面。ポップなBGM。オープニングの「ゴーストバスターズ!!」
悪い所:ゲームになってない。なにがなんだかさっぱりわからない。難易度高し。
(オールゲームカタログ1991 P29より抜粋)

堂々の第一位!!
コレは本当に酷いです。
ゲーム開始時の「ゴーストバスターズ!!」ってボロボロの音声に容量を使い切ってしまった感のあるゲーム。
内容がなく、最速で2分程度でクリアする事が出来るため、もうゲームを楽しむとかいうレベルじゃありません。
それに加えて、エンディングがバグで「りり」としか表示されなかったりと、こんなに悪意に満ちたゲームは他に存在しないでしょう。
昔、メガドライブ版『ゴーストバスターズ』の様なアクションゲームを想像して中古を購入してしまい、かなり後悔させられました・・・・
というか、こんなゲームを手に取ってしまった自分を呪いましたねw
このゲームを新品購入した人は裁判起こしても良いと思いますよ?w



個人的クソゲーランキングでしたが、いかがでしたか?
順位こそ違えど、誰がクソゲーランキングを作っても10本中2、3本くらいはこの中のゲームがランクインするんじゃないでしょうか?
まぁ、クソゲーと言っても決して楽しめない訳ではなく、ネタとしてプレイするには楽しめるゲームも多くあるし、凡作ゲームより印象に残るので「こんなクソゲーがあったなぁ〜」って友人とクソゲー談義に花を咲かせる事が出来る点においては、「結局それなりの価値はあったんだな」とも思いますね。

あ、そうそう。
「クソゲーランキングなのにあのゲームが入ってないじゃないか!!」って思った人も多いんじゃないでしょうか?
あのゲームはランキングには入らないですよ。
何てったって・・・・・



ぴかぴか(新しい)殿堂入りぴかぴか(新しい) たけしの挑戦状

たけしの挑戦状_00.gif たけしの挑戦状_01.gif

■タイトー■86年12月10日発売■5300円■カートリッジ■アドベンチャー

ビートたけしのアイデアが盛りだくさんの、奇想天外なアドベンチャーゲーム。パチンコやカラオケ、シューティングなどのヘンなシカケもいっぱい用意されている。

良い所:ビートたけしのアイデアがいっぱい入っている。主人公がビートたけし。
悪い所:何がなんだかわからないシカケ。何のヒネリもないクソ意地悪い謎。笑えない。
(オールゲームカタログ1991 P44より抜粋)



すでに殿堂入りを果たしていますw
これは他のゲームとは一緒には出来ないでしょ〜、個人的には好きなゲームなんですけどね。
歩いている市民を殴れたり、警官に殺されたり、ギャンブルが出来たりと、ファミコンながらに凄まじい自由度です。
これが海外の目に止まり、GTAの元になったとかならなかったとか・・・・・










まぁ、ならなかったんですけどね

たけしの挑戦状_02.gif

2007年08月05日

オールゲームカタログ1991 【アスキームック】

1991年4月30日に株式会社アスキーから発行されたゲームカタログ。

all_game_catalog

ファミコンが発売された1983年〜1990年末までの全てのソフトを評価付きで紹介してる、『ちょっとした資料集』って感じのムック本。
数年前にオークションで300円位で買ったんだけど、コレがなかなか面白んですよ。

1990年までに発売された912本のファミコンソフトを、1〜5つ星評価・良い所・悪い所で分けて評価を書いてるんだけど、大体のソフトが2〜3つ星しか貰えない辛口評なのですw

1990年末までに912本もソフトが出ていながら、5つ星もらってるゲームが、たった20本程。
一方、1つ星はその3倍。

取り方を変えれば、そんな駄作ですら大量に売れていた時代な訳で「ファミコンバブル恐るべし」とも言えますね。

それと、アスキーって言ったら『大手のゲームは高評価』なイメージがあると思うけど、このムックに関しては・・・・否ッ!!です。
任天堂やナムコ、コナミだって、ダメなゲームはバッサリと斬り捨てちゃってます!!
つーか、『ボコスカウォーズ』などの自社のゲームすら斬り捨ててしまう男らしさ。

次回はこのムックのレビューを集計してランキングを作ってみます。

良作ゲームのランキングを作ると『ドラクエ』や『マリオ』など、在り来たりなランキングになってしまうので、ココは敢えて1つ星しか貰えなかった【駄目ゲー】に自分の評価を加えたランキングで行ってみようと思います。

しっかし、改めてムックを読んでると「そーいやこんな会社あったなぁ」ってゲーム制作会社が大量にあって、何となく切ないですw
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。